*Croquis de Paris No.429 ~ プロヴァン散歩 ~ *

さてさて、徐々に更新が危ぶまれる今日この頃ですが^^;;;

 
1麦畑が広がるこの地は
 ☆ 麦畑が広がるこの場所は? ☆  
 
6月に入って早々、またまた3連休があり、笑
(5月6月の休みの多さにもう笑うしかない)
 
私は夏の日本を前に忙しい日々なのですが、今回はなんとパパも3連休!
しかも、N家のYさんSちゃん親子も予定無し。
 
と、いうわけで行ってきましたプロヴァン♪
人生で3度目の、プロヴァン^^
 
2プロヴァン
 ☆ 時期としては今まで一番最高に色鮮やかな季節♪ ☆
 
プロヴァンといえば、中世の市場都市として世界遺産に登録されています。
 
一度目。
思いつきでやってきたので道にも迷ってあたりは着くなり暗くなり、
セザール塔も教会も閉まってしまって、あらら〜なんて言ってたちょうどその時。
携帯が鳴り、相手のYさんに今いる場所を告げると
「そこの裏手に素敵な薔薇の蜂蜜を売ってるお店があるから〜♪」
と教えてもらい、美味しいお土産を手に帰ることが出来たという、
それが初めてここにやって来た2011年の思い出。
(過去の記事が見当たらない、涙)
 
3もう3度目になります
 ☆ 前回来たときの写真   娘の身長が横の手すりより少し大きいくらいだった^^ ☆
 
ちゃんと下調べもしてやって来たのがその次の年。
Yさんの誕生日が近いのもあって、そうだ!だったらYさんの好きな薔薇の蜂蜜を
買いに行きがてらプロヴァンをリベンジしよう〜!(この記事ね。)
 
その時は塔にも登って、有名な鷹のショーも見て、もちろん薔薇の蜂蜜も♪
みっちり堪能したプロヴァンでした。
 
4定番のセザール塔に上り
 ☆ セザールの塔にはもちろん登るでしょ〜 ☆
 
で、今回はそのYさんと、昔から一緒に遊んで来たSちゃんと初めてのプロヴァン☆
何気に我が家とプロヴァンとYさんの縁が深い^^
 
子供達ももう大人並みに大きいので余裕で街を探索出来ます♪
といっても、ガンガン観光する気はさらさらない我ら、笑
(しかも翌週は有名な中世のお祭りもやってるというのに)
 
5街の眺めは懐かしい感じ
 ☆ なんかね、落ち着いていてサイズ感もちょうどいいんです。この街 ☆
 
セザールの塔からの眺めは昔と変わらず、味わいがあって懐かしい*^^*
狭い階段を抜けて塔のてっぺんにまで上ると・・・
 
6頭のてっぺんはなぜだかパズーを思い出す
 ☆ 左上のが鐘ね。降りる方の階段なんて手すりも無いし危ない危ない。☆
 
鐘の部屋に到着☆
鳩対策に網を張ってるけど、鐘はフンで一杯でした^^;
 
けど、思わず口ずさんでしまうのは、
映画、ラピュタの中でパズーがシータに出会った後
翌朝、屋根の上でパズーがトランペットを吹いて鳩がバタバタバタっと飛び立つシーン。
 
7絵になる風景
 ☆ レンガ?かな。赤い屋根と煙突、白いシンプルな壁のお家が生活感溢れていて可愛い。☆
 
「パーパラ、パーパッ、パーララッラーン♪」
 
こんな記事見つけました
「Razu’s Fanfare / ハトと少年」っていうらしい。
 
誰か登る機会があったら是非♪ 「パーパラ、パーパッ、パーララッラーン♪」
パズーな気分を味わえるかも^^
 
8ジャンヌダルクがシャルル7世とランスの後に立ち寄った教会
 ☆ どこで読んだか、確か未完成のままの教会だと・・・ ☆
 
お次はサン・キリヤース教会へ。
ジャンヌ・ダルクがシャルル7世と共に、ランスの戴冠式の後に立ち寄って
ミサを聞いたとされるところ。
建物正面にそれを示す案内が飾られていました。
 
9サン・キリヤース教会
 ☆ それでも十分素敵 ☆
 
ん?戴冠式?ランスの教会?
 
・・・って
この間、N家含め我が家もみんなで行って来たばっかり!

ジャンヌダルクの足跡って、こうしてあちらこちらで目にします。

ちゃんと豆に記載されているのは、それほど人気があるのでしょうね♪

 
10完成しないまま存在している美しさ
 ☆ ぐるりと一周まわって、いつも通りロウソクを供えます。☆
 
セザール塔とサン・キリヤース教会を回ったら毎回行くのがここ♪
(って言いながら外観撮るの忘れた^^;)
 
そう、薔薇の蜂蜜が買える『La Ronde des Abeilles ラ・ロンド・デザベイユ』さん♡
この蜂蜜、グレープフルーツにかけたり、紅茶に入れるとすんごい良い香りになります。
 
11いつもの薔薇の蜂蜜のお店へ
 ☆ ハチミツ意外にも石鹸やリキュールetc・・・☆
 
蜂蜜って面白いもので、みかん畑で囲まれた田舎で育った私は
たまにみかんの花から採れた蜂蜜を口にすると、一気に記憶が実家に飛ぶんですよね。
こういうのって面白いです。
 
さて、薔薇の蜂蜜が作られているだけあって、薔薇園もプロヴァンにあるのですが、
行ってみよう〜と向かうも、Sちゃんくしゃみ連発、そして何気に娘のMも
バラ科のフルーツにアレルギーあり。なので、バラ園は遠目に見るだけにして
散歩をする事に。
 
12プロヴァンバラ園近くの散歩道
 ☆ 犬の散歩道だったり、子供が塀に上っていたり、広大な麦畑でみんなで撮影しあったり^^ ☆
 
すごく透き通った小川が流れていたり、雲梯や鉄棒なんかのちょっとした
運動器具を見つけて遊んだり。でっかいカタツムリを見つけて、
この間食べたカタツムリはまずかった〜、笑。なんて生々しい話がでたり^^
 
城壁の端に行き当たったので、奥に見える高い城壁を目指します。
 
13いざ!上ります
 ☆ どんだけ写真を撮っても、高低差が伝わらない ☆
 
けっこうな高低差があるんですけどねぇ、
歩いてる写真を撮ってみてもイマイチこの迫力は伝わらない^^;
 
とにかく登ろう♪
 
14この感じが伝わらない^^;
 ☆ 上から見た景色 ☆
 
着いた〜♪
 
パリでは味わえないこんな風景の中を、ただひたすらお喋りしながら歩くのって楽しい。
お天気もピーカンに晴れて良い眺めでした。しかし暑い。いや、熱い。
 
15城壁へ
 ☆ 現存している城壁の、さっき入り口で見た反対側の端になるみたい ☆
 
じゃぁ、帰る前にどこかでお茶でも♪
ということになり、城壁の内側に下りててくてく歩いて行くと、
たまたま裏手にこんなお店を見つけました。
 
16城壁近くのクレノー・ショコラの手作りアイスで〆
 ☆ 薔薇に囲まれた小さなお店 ☆
 
『Créneaux Chocolat / クレノー・ショコラ』
手作りチョコとアイスのお店に遭遇♡
 
手書きの看板、味ありすぎ、笑
クレノーの意味を調べてみると「城塞などの銃眼付き胸壁」ですって。
なるほど、さっきそこで見て来たね。
 
素朴なおじさまがひっそりやってるお店。
アイスは、なんだ〜カップかぁ〜クルクルってコーンに入れてくれるのじゃ
ないのかぁ〜なんて思うなかれ。バリバリ濃い〜です。
濃厚なので、小さなカップだったのに、食べ切るのがやっとでした。
真っ赤がMのフランボワーズ、朱赤が私のイチゴ、クリーム色がなんと、
薔薇、なんですね♪
 
シンプルで、かつなかなかリッチなお散歩を楽しめて、帰路につきました。
今度こそ、中世のお祭りでも見に来ようっかな♪
(こうして何度も訪れちゃうのね^^)
 
ではでは、またすぐに☆
アビアント!
 
 
A la semaine prochaine 
☆MUNEKO☆