*Croquis de Paris No.255 ~ カルティエ・スタイルと歴史展 ~*

こんにちは♪ お元気ですか?
私の方はというと、一週間前から副鼻腔炎をこじらせてしまった様で、
いつものことと放っておいたら気管支まで炎症を起こしたらしく、
食欲さえなくなってしまった大変な一週間になりました。
ただ今久々の抗生物質摂取でやっつけ中。
お陰でちょっぴり舌の感覚がおかしいですが、熱も下がって
なんとか普通のご飯が食べられるようになりました^^;
ありがたやぁー

1392647613_081853500

 ☆ ここはフランス。ヴァレンタインに旦那さまから赤い薔薇のプレゼント♡ ☆

さて、そんな一週間だったのですが、
どうしても行っておきたいところがあり、プチバカンスに入った
ばかりの娘を連れてシャンゼリゼにあるグランパレヘ。

1392647613_092912600

 ☆ こんなことになっていますが^^;☆

入り口のところで係の方に
「今日はチケットをお持ちでない方は4時間待ちです。」
と言われましたが。見る限り、いやいや絶対そんな事はなさそ〜
と思ったので、ドンドコ帰る人が続出する中並んで待つことに。

1392647614_000634300

 ☆ そんなことは気にしな〜いマイペースな娘。頼もしい^^ ☆

『カルティエ・スタイルと歴史展』

そう、前から行きたかったのになかなか時間が取れず、
最終週に行こうと決めていたら思いっきり寝込んで(涙)
やっと来れたのが、この最終日だったのでした。

1392647614_007940100

 ☆ こちらで1時間半待ち。の看板ですが、そんな様子もなく・・・☆

案の定4時間と言われた場所から「こちらで1時間半待ち」の看板まで
1時間で来れました☆ 2時間半=1時間。めっちゃ大ざっぱ(笑)
この一時間半も恐らくは30分くらいね♪
と前のおば様と話して目配せなんかしながら^^

1392647614_015355200

 ☆ やったぁ〜 ☆

やっぱり30分後に入場〜☆

1392647614_022287900

 ☆ ティアラ・ティアラ、ぐる〜り一周ティアラ ☆

いきなり豪華なティアラがお出迎え☆

写真は撮ってOKなものとNGなものに個々で分かれているようですが、
比較的撮影OKで、けっこうオープンな雰囲気な上に
普段お目にかかれないようなあまりに高価な物が沢山あるので、
終いにはだんだん、おもちゃの様に見えてきてしまうという^^;
何とも不思議な感覚。

1392647614_029749500

 ☆ 天井や壁に映し出される画像も全てカルティエの世界感で統一されて ☆

それほどに、
これが本物って信じられないくらいの宝石の大きさにダイヤの数。
エリザベス・テイラー、グレースケリー、マハラジャ・・・
世界中からカルティエの歴史を飾った素晴らしいコレクション達が
この日の為に集められてきているのですね。

1392647614_038027900

 ☆ ゴム型フェチです。*^^* ☆

個人的には、人が少ないこんなコーナー ↑ や、
やっぱり楽しい、デザイン画 ↓ とその作品。

1392647614_045503700

 ☆ デザイン画フェチです。 *^^* ☆

美しいデザイン画が大好きです。
普通のデジカメな上に私の腕なので、暗い照明ではなかなかいい絵を
押さえることも出来ていないのですが、ちょっとだけ。

1392647614_053031500

 ☆ エメラルドに彫刻を施したデザイン ☆

こんなのを見ると、
あまりの大きさにとてもエメラルドに見えなくなるわけです(笑)
実際の他の作品達ももっともっと凄いわけで。

1392647614_059872700

 ☆ ザ・マハラジャ〜 ☆

ほんと、夢の中にいるようでした。

宝飾の技術を持て余すことなく施された時計の数々。

1392647614_066641900

 ☆ 写真が全然で、スミマセン。。。☆

ただ、会場内もある程度表で入場制限をしているにもかかわらず
中でも行列が出来ているので、人の流れに合わせて動く様な状態。
ほんと凄い人気です。

1392647614_073743100

 ☆ お疲れ〜 ☆

ゆっくりゆっくり進んで全てを堪能。
最後は有名なパンテールのジュエリーで締めくくられていました。

1392647614_084504500

 ☆ グランパレのサロン・ドヌールの間での開催でした。☆

二人で館内でカフェをして、
外に出てみればすっかり夕暮れ時。

1392647614_092546300

 ☆ シャンゼリゼ通りもクリスマスマーケットの時とは違った落ち着いた雰囲気に ☆

娘は大好きな、しかも本物の(いつも自分のアクセサリーのキラキラを
「これ本物?」って聞いてくる人^^)ジュエリーを堪能出来たので
超ご満悦の様子。

バカンスの始まりに良い思い出となった展覧会☆
去年のヴァンクリーフ・アペールもそうでしたが、こういう経験は
ジュエリーの本場、フランスならではなのかなぁと幸せに思います。

私も、気がつけば久しぶりに心も空っぽにして楽しめて
リフレッシュ出来ました *^^*

こういう時間ってやっぱり必要ですね。
A la semaine prochaine ♪
☆MUNEKO☆