*Croquis de Paris No.478 ~ part2 大都会のオアシスと小さなクリエイター ~ *

プハ〜〜〜

 

さすがに片付けまで手が回らなかったこの部屋のあちこちを

ようやく整理出来るところまで気がまわる様になりました。

 

ふぅ〜ちょっと疲れましたぁ〜^^;

 

1かぐや 竹

 ☆ 催し物の「かぐや姫」光る竹がいそうなフリー素材を求めて・・・ ☆

 

娘が中学に入学して初めての学校でのスペクタクル(卒業式を兼ねた学園祭)

 

娘のグループ(クラスは分かれていて、同じ学部?みたいな)は、

すったもんだでかぐや姫を自分達で演出して発表することになったようだけど

案の定、誰が進めているのかぼーんやりしている。

 

我が家は入学以前に誘ってもらって見に行った事もあったし、

その時の生徒さん達が本当に面白可笑しく頑張って作られてて。

前もって見る事が出来ていたので私も娘も少しだけ本番をよく知っている。

 

2サイズぴったり

 ☆ かぐや姫への三人の求婚者の一人になったので、上はおじいちゃんの浴衣に下は私のパンツで代用。

なかなかいい感じ、笑 ☆

 

そんな状況の中で、友達と脚本を一緒に務めた娘のムズムズはずーっと続いていて。

しかも娘の学年から初めて、同じ学科の生徒が2クラスに別れていて

上の学年の子供達の様には一緒にいられなくて会えるのは共通する授業だけ。

 

とはいえこれ。どんな場面にも

ここをこうした方が、と発展させて行きたい派と。

最初に書いた台本のままでいいじゃん今は、また来年で、の保守派と。

え〜やりたくな〜い。の消極派とがもちろん存在するわけです。

小さな社会の縮図^^

 

3翌日出発

 ☆ スペクタクルの翌日の朝には友達のSちゃんと一緒に無事キャンプに出発して行きました。☆

 

「はい、じゃぁこうしてああして、これで行きますよ!」

と強制する担任の先生らしきまとめ役は存在しないので

(それでも、今年はクラスが分かれているので先生達にはかなり協力して頂いていて)

 

かと言って、強く主張するタイプの子もいないので気遣いがかえって後手後手になり。

(逆に上の学年では、こうしたいああしたい!と希望が多くて揉めるほどらしい)

 

最終的に色々な連絡が各自に必要になるも、

子供達が携帯を持っていながら全員連絡出来るほどの横の繋がりは無く。

まーったく状況が分からない親御さんへの状況連絡と、

直前の諸々の準備とみなさんへの協力を願って一斉メールする私。。。

なにしてんだろ^^;

 

4こちらはその打ち合わせ

 ☆ 先週のサンクルーの森とは打って変わって、こちらは超都会の中のモンソー公園 ☆

 

悩みますね〜こういうの、かかわり方に。

なるべくなら自分達だけでやってくれ〜

しかも我が家は狭いから全員を呼んで練習とか無理〜

 

実際、学園祭の当日は朝から販売のためのおにぎりの準備に

上の学年の父兄の方に混じって参加させて貰っていたんですけどね。

ちょっと聞いてみると、

え?発表会のための準備?子供達が勝手にやってるよ?

で、ですよねぇ〜^^;;;;;

 

5モンソー公園

 ☆ 今出かけているキャンプに参加するメンバーの顔合わせと打ち合わせを兼ねたピクニック ☆

 

いい感じに仕上げたい娘の気持ちは痛いほど分かる。

でも考えてみてよ。

やりたくて入ったクラブ活動でもなく、プロを目指す劇団でもなく、

当然全員参加するものだと思っている日本の様な意識もなく、

ましてや大人社会の会社でだって、

ちょっと一踏ん張りしようと提案したら反対意見が出ることなんて多々ある。

 

ましてやこのフランスで育ってきた子供達の集まり。

逆に言えば、やりたくない人にもやりたい人と同じだけの重みがあるんだから。

 

6超都会の公園

 ☆ パリのだいたいの公園にありそうなロバ乗り場 ☆

 

そのイメージ力とやる気と希望と、娘の全部が好きだけど、

本当にやりたい人でチームを作るか

あまりに楽しそうで、乗ってみようかなとその気にさせるパワーをこっちが持つか。

そんな時に思いが形になるんだと思う。

 

今は見ている景色がそれぞれに違う。

数年後には追い越されているかもしれない背丈に腹は立たないよね。

おっぱいの大きさの違いに何の思いもないよね。

 

そこを、ちょっとシークレットシューズ履いたら面白いかな。

パット入れて大きくしたら楽しいかな、なんて思わせられたらみんなで爆笑だけどね^^

 

7誘ってくれたSちゃん

 ☆ いつも仲良しのSちゃん。Sちゃん宅に誘われてただ今キャンプに参加中 ☆

 

とまぁ、こんな意見でいいのかわからないけど。私的にはそう思ったわけで

ちょっとは学園祭前日のリハーサルでの悔しい思いを溶かす事は出来たのかな・・・

 

 

結果、ラストスパートで声かけして、結構な人数が本格的な着物や衣装を身に着けて

背景画像もなんとか間に合い、華やかなものに仕上がってました☆

 

マイクを使わせて下さいがプロデューサーに言えなかったみたいで、

遠くからは聞き取り辛かったけどそれはまた今度の課題として。

 

とにかく、良く出来てたよ!本当にお疲れさま!

 

8てかこの人!

 ☆ にしても、この人人人人! ☆

 

ってね、

こんな会話をしていて最近娘に言われるのは、

 

「ママに相談すると余計に悲しくなる」です。

 

うん、わかる^^;

 

だよね、でもママはそう思うから完全なあなたの味方(?)になることは出来ない。

黙って聞いててもいいけど、ちょっとだけ違った視点も話したくなるんだよね。

 

でもね、貴方のその希望にあふれる考え方は個人的に大好き。

どんどん輝いていって欲しいと思う。

 

9遊具に移動もとても遊べず

 ☆ 遊具場に移動するも、遊具が熱過ぎて触れなかったり、人が多過ぎたり^^;☆

 

・・・これがこの一週間弱のやりとりかなぁ。ふう

 

そこに加えて、Sちゃん宅のグループキャンプに

学園祭の翌日から参加するのは前から決まっていて。

 

ただ、劇の発表と学年末テストを控えながらの娘にはもうこれ以上は無理だろうなぁと

私はギリギリになって急遽学校の準備を手伝いながらも、合わせて娘のキャンプの準備。

 

そのキャンプの打ち合わせのピクニックが、先週のサンクルーの森

とは打って変わって大都会な今週の写真。モンソー公園。

 

10モーツァルト

 ☆ モンソー公園には著名な人の像がいっぱい。こちらはモーツァルト ☆

 

少しでも気が向いたら、ちょっと重い腰を上げて顔を出してみようかなと。

 

Sちゃん以外は小さい子供さんだらけだったけど、

お母さん達がこれまたみんな楽しそうで素敵な人たちの集まりでした。

ひとりのママさんとは、このグループに参加させてもらう事が決まってから

やたら偶然の出会いが重なったり、私が出た大学を受験されていたりでビックリ。

なんだかこの先も色々と縁がありそう。出会ってみるもんですね。

 

11帰る時間にもこの状態

 ☆ 帰る時間にもこの状態でした。晴れたら公園で日に当たる。これパリジャンの常識。☆

 

さてさて、どんどこ楽しいキャンプの様子が送られて来ています。

学祭の疲れもふっとんだかな^^

 

最終日は私も様子見とお迎えをかねて現地に向かいます☆

 

実はこのモンソー公園の二日後の祝日にも、

もうひとつ別の公園に呼ばれて行ってたんですけどね。

 

・・・と言うわけで、この一週間以上ほぼほぼお仕事出来てませんっ^^;

 

来週にはさすがに落ち着いているはず。

頑張ります☆

 

 

 

A la semaine prochaine 

☆MUNEKO☆