Designer's Diary デザイナーズダイアリー

パリ通信

2017.01.13*Croquis de Paris No.408 ~ 「ハレとケ」つるりんと新しくなる年に 〜 *

年が明けて半月
ハレの日が続いてケの日にやっと体が馴染みつつあります。

去年の年末年始は日本にいた私と娘。
今年は初詣代わりに?近所の教会に二人で詣でてみました*^^*
大きいロウソクをあげたいというので、大きいロウソクをマリア様に♪

 ☆ 近所にやってきて半年が過ぎましたよー。お世話になってまーす。 ☆

その昔、幼稚園に入るまでの託児所を探していた頃、
知人から紹介してもらって、今はもう場所を移動してここにはない、教会の施設内で預かってもらうために、ここに何度かお試しに通った事がある。

 ☆ 年明けにお友達と一緒に映画「君の名は」のフランス語吹き替え版を見に行きました。☆

ただ、娘と離れるのは生まれて始めてで、
今とは比べ物にならないくらいに私もド神経質で。おまけにママ友も少ない中で親類もなく、母娘べったり生活だった当時。

保育士の方の指示に従って、はじめはお母さんには扉の外で待っててもらって10分、その後徐々に時間を延ばして行きましょうと言われて扉の外で待つも、しょっぱなのその激泣きぶりに保育士さんも驚き^^;10分も経たずに出てきてしまった。

おまけに扉の向こうにママがいると知った娘はその次の日もまた次の日も泣き続け・・・

 ☆ モンパルナスの Gaumont 映画館までやってきました。☆

結局、この託児所の、ママはすぐ迎えにきてくれるから安心して遊びましょう♪ 作戦は不発に終わり、数日頑張った末に託児所からは断られ、私はここから前の我が家まで、泣きつかれてぐったりした娘をベビーカーに乗せ、
こっちも情けなくて涙を流しながら何度も歩いて帰った少し苦い思い出の場所になった。

笑。
懐かしいのう〜
今なら楽しんでおいでって、ポイってとりあえず放り込めただろうに。若かったのう〜

でも、そんな思い出の教会の近所に引っ越してきてこうして娘とお参り(?)しているっていうのも不思議な縁です*^^*

 ☆ ほぼ満席でした♪ パリでも人気の「君の名は」 ☆

さてさて、
年明けは娘と同じクラスのお友達と映画「君の名は」のフランス語の吹き替え版を見に出かけ、日本通でアジア通のフランス人ママと盛り上がりました。
(元々新海監督の映画を勧めてきたのが彼女。
「RADWINPSのボーカルがONE OK ROCKのタカの声に似てない?」とか、正直、日本人の私の方が彼女に着いて行けてない。笑)

 ☆ 誕生日の前日の夜がパパのお休みだったので、月曜日だったけどお出かけご飯♪ ☆

そして、クリスマスが終わってあっと言う間に娘の11回目の誕生日もやってきて。ちょっと気になっていた小洒落た串カツ屋さんに家族で食べに行ってきました♪

 ☆ まず器の綺麗さからして嬉しくなります♪ ソースも色々。スッキーニのカツにフォアグラに山葵をのせて。トマトモッツァレラカツに生ハムなんてのも♡ ☆

娘の串カツのイメージはテレビで見た(←ってところが良いでしょ^^)屋台とかで食べてるイメージ。うん正解。

お邪魔した串カツ「凡」さんは、サービスの方の説明もなんて言うんだろう、気取りすぎず、でも品があってスマートで♪
娘もこういう場所では普段食べない物までとりあえず何でも食べてみるので、
その後も今まで食べられなかった物が食べられる様になるという、っていうか好きになるという、大満足の楽しい時間でした。

 ☆ Bon はお誕生日おめでとう〜の「Bon」 Anniversaireに見えて来る、笑。凡さんのBonです。デザートの桜餅のカツも美味しかった〜 ☆

さぁ、そして今回の誕生日当日。

長年やっていたバレエ教室を辞めました^^;

5才(前から?)から7年目?いや8年目?
当時は電話受付の今と違って、早い者勝ちだったからなぁ。。。
入学の為にママ友のSちゃんと朝の5時からコンセルバトワールの玄関に並んで待ってたっけ。
それでも20番代で入れるかどうかドキドキしたのを今でも覚えてる。

習い始めてからも、授業が終わった後は公園で遊ばせたり、発表会もみんな可愛くて可愛くて♡
あの頃は無邪気に楽しんで通ってたなぁ・・・

 ☆ クリスマスに飾られた沢山のツリーも、公園のこの場所に持ってくればその場でリサイクルされて土に戻されます ☆

そんな娘も、自分の意志に関係なく始めたバレエに段々と疑問を抱く様になってきたみたい^^;
先生も変えたしね。足のケガもここ一年いっぱいしたしね。

バレエの帰りに、「私さぁ、バレエ好きやけどあんまり」とか、「楽しいんやけど、面白くないねん」とか。どっちやねん!というセリフを吐く様になってきた。
っていうか、明らかに前にくっついてるセリフは私に気を遣ってのことなんだろうなぁ・・・

おまけに友達のSちゃんに、なんでバレエやってるの?好きでやってるんじゃないの?って聞かれて
本人もキレながら「そんなん知らんよ!」と言ってるのも聞こえてきて・・・

ははは、マズいなこりゃ

 ☆ 奥で小さく砕かれて木屑になっているモミの木 ☆

そして冬のバカンスが明けてすぐ。
初日のバレエの帰りに疲れて凹んでどうにも楽しくなさそうな娘の姿があったので、家に帰ってきてからふと聞いてみた。

バレエ辞める?

「え?いいの?いつ?すぐに?」

と答える娘のその嬉しそうな顔。。。

 ☆ 久々にマルシェにも買い出しに行きました ☆

ああぁ私。何やっちゃってたんだろうなぁ。今頃気がついたよ、ごめん。


小さい頃の自分を思い出した。

スイミングスクールを辞めたいとなかなか言い出せなくて、
その前のそろばん学校でわざと問題を沢山こなして送迎バスに乗り遅れてみたり、(おかげで、そろばんはすごく上達して大会で表彰されたという^^;)
それでも、バスに間に合うから今からでも行きなさい!と怒られて渋々バス亭に向かったり。

究極最後はたしか練習量の多い日曜日の朝に、布団をかぶったまま
「スイミングやめたいぃぃぃ。涙涙涙」と大泣きした記憶がある。

 ☆ この新鮮な野菜やお魚を見ているだけでワクワクします♪ ☆

どうして辞めたらいけないと思ってたんだろ、笑

やはり母に気を遣ってたか怒られると思っていたのかな
悲しませちゃいけないとでも思ってたのかな。

恐らくは兄のアトピーを治す為にだかなんだかで一緒に習い始めたスイミング。
最初から少しも好きではなかったけど、持ち前の何でも頑張ってやってしまう性格で、辛いながらも最終的には自分の学校では学年で一位二位を争うほどまでになってしまっていたので水泳の成績はすごく良かった。

にしても、竹刀を持ったコーチや日曜の朝の、軽く1000m 一本から始まる授業なんてのはほ〜んと地獄だったなぁ、笑

 ☆ 新鮮なイワシもいっぱい買ってきて一気にさばきました。豆ご飯にひじきにおひたしに、お味噌汁は作れなかったけど、地味〜においしいご飯。幸せ ☆

もとい、娘の場合は幸いな事にバレエの先生も優しくて、あまりの突然の事に一度持ち帰って次回まで考えてみてと言われてその日は受け入れてもらえなかったけれど、二回目にはちゃんと受け入れてもらう事が出来た。
(たぶん、当人も授業中はそこそこ頑張っていて、そんなそぶりは見せていなかったんだろう)

すごく残念だけど、発表会は代わりの人を捜すし、
たぶん、彼女もジャンルは違ってもどこかでバレエが役に立っている事でしょう。もしかしたら一学年上の方が良かったかのかなぁ。。。
そんな優しい言葉までもらって。

 ☆ メトロで演奏しているいつものおじさん達に出会った。写真を撮らせてもらって1ユーロを籠に。☆

さぁ今週からバレエのない生活。
しっかり学ぶ事は楽しんで学んで、しっかり遊びなさーい♪^^

クリスマスに引き続き、まだ私にこんな昔の殻がこびりついていたのか!
なお話でした。
いやぁほんと、子供に気付かせてもらって大人にしてもらってます。

 ☆ バウハウスかぁ、最近美術館とかも行ってないなぁ。また今度行ってみようかな。☆

ハレの日も良し、ケの日も良し。
つるりんと剥けて新しい年を行くべし♡

いつも長いダイアリーを読んで頂きありがとうございます*^^*
Muneko


ではまた来週に☆
A la semaine prochaine




pagetop

2017.01.06*Croquis de Paris No.407 ~ 夢 〜 *

え〜、新年早々ですが・・・


『ウンチ、食べた事ありますか?』


年が明けるなり何言ってるんだ!!! と怒られそうですが^^;

 ☆ 年末にパリでも公開された「君の名は」を初日に見に行きました。☆


年が明けて早々に、娘がどんよ〜りした姿で起きて来ました。
聞けばすごく嫌な夢を見たんだと。。。

誰かが出て来たの?

 ・・・シーン

怖い夢?

 ・・・シーン

その凹み様ったらありません^^;



そうしてようやく話せたのは、

 ウンチが・・・口に入って・・・
 あかん、思い出しただけで気持ち悪くなる。オェッ

思わず、歯磨きする?って聞いちゃいました。夢だけど

 ☆ パリの小さな映画館でバージョンオリジナル(日本語のまま)もやってます。☆


『 皆様、明けましておめでとうございます♡ 』←お詫びにハートつけとこう♪


いやぁ〜、娘、衝撃の初夢でしたね〜 ^^;;;

でもね、私知ってます。
たしかこれってそんなに悪い夢じゃなかったような。

調べるにも勇気がいりますが、笑
とりあえず調べてみたら、

 夢を見た人に富をもたらす
 家庭の福を享受する
 臨時収入や大きな利益を得るなど金運に恵まれる

いい事尽くしじゃん!良かったね、娘よ^^

学校から帰って来て、まだ気持ち悪りぃって言ってる
(詳しくは話してくれませんが、一日中引きずるほどリアルだったそうで)
娘に報告したら、超ほくほく笑顔になっておりました♪
良かった良かった。 今年もいい事ありそうね*^^*

 ☆ 大晦日のお昼はパパがお寿司を握ってくれました♪ ☆

私は、その手のおめでたい夢ってあんまり見た記憶がないんですよね、
だいたい私の夢には2タイプあるのは自分でも感じるんだけど。

ひとつは今の現状を表す夢。
で、娘と違って(また下世話な話でスミマセン)、
いや、娘のは詳しく聞いてないのでどういう状況かは知らないけど、

要は・・・出来ないんです。
どうにもヘンテコで困難な状況が重なって、とにかく排泄出来ない状況に追い込まれるんです(涙)

これも知ってます、どんな時に見てるのか。

デザインが進まないとき。提出してもすっきりとした結果じゃない時、などなど、とにかくしんどい状況のとき^^;

 ☆ 今年はパパもお仕事お休みでした。初めての3人で過ごす年越しかも? ☆

そしてもうひとつ、現状を表す夢はいつも決まって
出発時間が迫っているのに、自分だけ間に合わない夢。

電車の出発時間が迫っているのに荷物の準備が出来ていなかったとか
飛行機に乗らないと行けないのにスーツケースが、等々

あぁ、こうして書いてても思い出してドキドキしてくるくらいですから、本当の夢の中でのパニクりようったらありません。

焦ってたんですよねぇ当時は。デザインをなかなか提出出来てなくてとか、期限がとうに過ぎちゃってるのに、とか。

 ☆ ジャジャ〜ン、明けて元旦はみんなでお正月 ☆

とまぁ、こんな夢もここ数年でほとんど見なくなりました♡^^

もういいやぁ〜、無理なもんは無理!出来たものに関しては、あら出来ちゃった♪出来てなくても、きまり悪くっても、出来なかったなぁでそのまんまでいこうと思い始めてからほぼ見なくなりました。
(現場は迷惑でしょうが^^;)

それまでは、本当によくうなされてたなぁ^^;

 ☆ いやほんと、みんなのお節が素晴らしく美味しい♡ ☆

で、二つ目のタイプの夢というと。これがまた、なんていうのだろう
予知夢?お知らせ?ようは現状ではなくて先のこと。
しかも、ほぼその内容は、

誰かがちょっと大変な状況ですよ〜、お亡くなりになりますよ〜。
ってな感じで、こちらも目覚めたときの余韻がすごいです^^;

これは娘を宿した時から始まった夢で、
正直言って

パリにいる私にはどうしようもありません、笑!
(だからこそ見るのかなぁ。)

しかも、亡くなる場合は当の本人登場しません。
周りの人の状況で、あ〜、誰々の最後が近いのねと判断するしかありません。
(安心して下さい、近い身内に関することしか見ません。)
でも心構えが出来るので、いきなりその事実がやって来るよりは良いのか。。。う〜ん

 ☆ いつもゆっくりお皿に盛って、じっくり一人楽しんでおります。☆

って今年は正月早々ほんとにまぁ好き勝手話してますが^^;;;

いやぁ、娘の夢の話を機に色々思ったわけですよ。
人間のこういう感覚について。
いったいこれは何なんだろうって。

もうね、オカルトでも、霊能力でも、そんな不思議でも神秘的なものではないと思ってます。ここまでくると自分では。

なんていうかその・・・
なんでしょうね、もうそれが普通としか、笑

後からじわじわ来るものもあります。
あの夢のあの映像はこれだったのかぁ、とか。

ほんと、人間の脳や記憶ってどうなってるのでしょうねぇ。

 ☆ 2皿目〜。初めて作ってみたスモークサーモンと大根の甘酢付けにディルを挟んだ巻き寿司が我ながら美味しかったです♪ ☆

さて、今年のお正月は♪(散々話しておいて、さても何もないですが、笑)

年末の大晦日から旦那さんもお休み。本人曰く大晦日とお正月を休むのは20年ぶりくらいらしく^^;
家族仲良く3人で年を越しました♡

ねぇ、深夜まで起きてて良い?

娘の言う深夜とは0時の事。実は宴会の時にはそれよりも遅く起きちゃってるんだけど^^;
嬉しそうに、パパとテレビを見ながらダラダラやっておりました。
そして年越し蕎麦も3人で食べて、年が明けて、

パパ、ママ、明けましておめでとう〜☆

と喜び勇んで挨拶しに来てくれました。可愛いのぉ

 ☆ いい感じの高さになるのがティッシュケースでした、笑。明けましておめでとう☆ 向こうからはどんな感じなんだろう ☆

翌日はいつものメンバーでお正月。
クリスマスから間がないですが、がらりとメニューも変わって、
Yさんは矢絣に皮で仕立てた帯の着物姿で。カッコいい〜
去年から大学で、日本で暮らしているKちゃんは8時間も時差があるのに、向こうの夜が明けるまで携帯で参加してくれました♡

いつの頃からか始まった、恒例の干支のお絵描き大会はなぜか旦那さんが一番という事に^^;
にしてもみんな味ありすぎ!(写真撮り忘れたっ!)
正直芸大卒が二人いますが、こういう時は太刀打ち出来ませんね。そんなもんです、笑

 ☆ お年玉も頂きました♪ ありがとうございます! ☆

年が明けてからかな、ようやく読みたかった星野源さんの本『 働く男 』も読む時間が出来ました。

その最初の方に「 書く男 」というタイトルの話があって
無駄そうで無駄の無い(こらこら)うまい文章なので、省略して紹介するには難しくて、是非元の文章を読んでもらいたいけど。
***
ペン一本で、壮大な物語を作り出したり爆笑出来るエッセイを書いたり・・・
そんな文章がうまい人にずっと憧れていた星野源さん。
だったらやるしかないと始めてみたものの、書けども書けども一ミリも面白くない。
なので、知り合いを通じて小さなコラムの仕事をもらい、ついには本まで出せる様になった星野源さん。
そしてだんだんと、書く事を楽しめる様になってきたそうです。
***

  ずっと憧れていたことが、仕事としてやれるようになりました。
  才能があるからやるのではなく、
  才能がないからやる、という選択肢があっていいじゃないか。
  そう思います。
  いつか、才能のないものが面白いものを創り出せたら、
  そうなったら、才能のない、俺の勝ちだ。

***
やっぱりこの人好きだわ〜♡

 ☆ 今年もYさんから大人にお年玉♪ 一保堂の「 大福茶、Good Fortune Tea 」早速頂きました。美味しいです♡ ☆

努力したものは報われるとかいう話、ではなくて(今となってはたぶんね)
面白いと思うのは、結局、こういう本当にやりたくてやってる人や、良い意味でリラックス出来ている人の言葉や音や作品って、やっぱりなにかいいんですよね。
きっとそれまでに、そういう気分を自分も人の作品から十分に味わってもきたのでしょう。
だから自分も楽しみたい、やりたい。
そういう根っこのところが大きい。
そして実際に出来ないまんまの自分をその現場に直接置いた事、この部分も私は大好きで。

まだ、読んでいる途中だったけど、いいなと思ったので年の始めに書いておきました。



本当の自分に正直な人が好きです。
なかなか自分って知りにくいものだけど。
夢で先の事を見るくらいなんだから、
人間は無意識の部分で自分の本当のところを知っているはず。

楽しもう今年も♪
さぁ〜、この週末はフランス語バージョンの「君の名は/Your name」に誘われて行ってきま〜す☆




A la semaine prochaine
☆MUNEKO☆



pagetop

2016.12.30*Croquis de Paris No.406 ~ みんなでクリスマス2016 〜 *

寒〜いっ

娘が「ねぇねぇママ!今ニュースで見たんだけど、
日本の北海道の端っこって、最低気温は - 15度で、最高でも0度しかないんだよ!」と言って来るので、え〜っとパリの最高気温は・・・

「 - 2 度ですけど?」

笑。
まぁ、最低気温はまだ - 5 度だけどね^^;
いよいよ寒くなって来ました。

 ☆ ママからのクリスマスプレゼントも気に入ってくれた様です。☆

さてさて、今年は何があったかなぁ〜

そう、去年の末から日本にいました。
娘を連れて初めてのクリスマスとお正月。
体調に不安があっての急な帰国。
いやぁ、娘の学校にも友人達にも家族にも、めちゃめちゃ心配かけちゃったなぁ。。。
で、結果はポジティヴ。
しかも、治らないと言われていた症状も消えてなくなりました^^;
(こういう奇跡的なのって家系的なものもあるかも)

 ☆ 十二単の様な色合いのブレスレットが出来ました♪ ☆

年明け(のつもりの年末)伊勢のお参りで引いたおみくじには、
「家移りよし、急げ」の文字。

フランスに帰って来て早々アパートが売られることになり、引っ越し先を探す事に。

見学も許されない状況に何度もくじけそうになるも、一番気に入った物件で即OKを貰う。これも軌跡としか・・・^^;

 ☆ みんなのボブが見守る中、2016のクリスマス、始まり始まり〜 ☆

結婚して初の引っ越し。
初めて家具の無い家に住んで、家具を揃える大変さと楽しさを覚える。
こんなにどんどこ自分の為にお金を使ったのも初めてかも、でも楽しかった〜

高ーい部屋から低ーい部屋へ。サイレンから、人の賑やかな声に。
狭ーい台所から広ーい台所へ。水回りも気持ちよく。
短ーい睡眠が長ーい睡眠に。朝が分からないから(笑)夜景もないから(笑)一人で長く起きている事が減った。
あ、その代わり、夫婦共々めっちゃ目が悪くなりました(たぶん以前は自然と遠くの景色を見ていたからだと思う)

 ☆ 今年も美味しそうなのがいっぱい ☆

引っ越し直後は学校の旅行先にて娘が足にひびが入って、車イスと太ももまでのギブス生活に。
車イス生活の大変さと、時間があいまいな看護婦さんを、毎日注射に来てくれるのを待つのが面倒だったなぁ^^;

年末に日本に帰っていたため夏はたまたま日本行きのチケットを取っていなかったのも、パリが冷夏だったのでギブスを暑がらなかったのも幸いでした。

 ☆ 一皿目は前菜風に、みんなの愛の結晶だわ♪ ☆

そして何と言っても旦那さんの転職。

転職と引っ越しが重なったから、もう〜マジで家族3人で路頭に迷うんではないか?ってくらい、人生最大の危機だったね〜、とは後から笑える夫婦での会話。

今思えば、これで良かったのよ。本当に。
逆に言えば、自分達でこうなりたいって思いながら、なかなか勇気を出して一歩踏み出せなかったのを、無理矢理神様(!?)にところてんの様にずるりんって押し出された感じ?もういい加減にお行きなさいって^^
あー怖かった。でも大丈夫だった、みたいな、笑。

 ☆ まずは子供達のプレゼント交換。娘は可愛いカレンダーを頂きました。☆

で、娘のギブスが外れると同時にお初スウェーデンへ。
(お金無いってのによくやるよね。でも帰って来て片付けをしてたら、結局タンスから使い切ってなかった結婚祝いが同額出て来たんだけどね。面白い、笑)

スウェーデン在住の親友のKちゃんが遂に念願のお好み焼きやさんをOPEN☆

嬉しかったなぁ。
そしてその面白さと、怖いもの知らずの大胆さと人望に勇気をもらったなぁ。
昔っから美大卒の枠に捕われず面白い事やってくれる、互いの好きも嫌いもやな所も散々知ってる友人。

 ☆ 旦那さんはと言うと・・・こちらもインパクト大なカレンダー、笑!☆

一方で別れもあったかなぁ。

先週書いた、サンタはいる!の飲んべえのおっちゃん。ロマンティストだったんだろうね*^^*
実はどろんどろんになる前は、田舎では考えられないほどおっ洒落〜なイケてるおじさまでした♪(普段は豆腐やさん、でも車はスポーツカー、笑)
沢山お洒落な服もプレゼントしてもらったなぁ、田舎のよくわからない小さなブティックで、好きなん選べと言われて選んだら、訳も分からないくらいに高くてびっくりしたのは印象的だった。
今も手元に残る思い出の結婚の祝いのプレゼント。

 ☆ で、私はと言うと・・・爆笑!ボブ〜!遂に我が家にも来ましたか。まさかの天丼(同じネタ)☆

あと珍しく、私からごめんなさいした友人もいた。
私も仕事で相当疲れていたせいか、心に余裕も無くて。
そうしたら、こちらの許容範囲も狭くなっちゃって。。。
疲れてるからそんな時こそ会いたい人と、会えない人があるって不思議。。。
その友人のある意味恵まれた状況に嫉妬してるのかな、とも思ってみたけど
同じ恵まれた状況の人でもそうは思わない人っているしなぁって。

 ☆ 夫婦揃って・・・どうなのこれ、笑 ☆

ちょっとちゃかしながら、こちらの我がままで、と言いながら断ったメールになんとつい先日返事が来た。

私も昔から色々相談に乗ってもらい過ぎちゃって悪い事したなぁってだいぶ後になって気がついてすごく反省しています。。。あの時もこの時もゴメンナサイ
実はパリに行く度に、せっかく行くのだからと、私も少し無理して声かけてたかも。
だから私も会わない事に賛成です。

と。

 ☆ 爆笑の後頂く、素敵なアラビアのカップで飲むクレソンスープ。Yさんのおばあさんの時代のものだとか♡ ☆

こらこら、無理して声かけるでない、笑
そして、あの時もこの時もゴメンナサイと過去を引きずって会ってくれるでない、笑

わかるよ、うん、その気持ちは分かる。私もそうだった。
毎回の気遣いのプレゼント。
でもね、その過去の迷惑が迷惑なんじゃなくて、その過去を引きずったままの今がたぶん私が感じる違和感だったんだろう。

そこに私の方に余裕がなかった。その今につき合うだけの。それだけなんだろうなぁ。

 ☆ チーズも美味しかった〜 ☆

なんだこの最後は!笑

あ、娘にとっての最後のサンタの年になった事も思い出深いなぁ。。。


そしてとんでもない写真が載っておりますが^^;
今年のクリスマスは夫婦揃って、マッチョなカレンダーとマッチョな栓抜きが当たりました☆
娘が相当どん引きしております、笑

とにかく色々あって。結果、

『 2016年は面白かった!良い年でした!』

 ☆ ママ、そこ顔倒さなきゃって後でダメ出しされました^^;エッフェル塔下のマルシェ・ド・ノエルにて ☆

来年は〜
どうやっていいのかは知らないけど、好きな絵柄?とか描いてるかもよ。
ブレても戻れる自分。根っこがようやく見えて来たような。
つるるんと殻の中から現れる自分を楽しみますよ。
そして変わらず家族でゲラゲラやってるよね*^^*
宇宙語のフランス語、ペラペラになってたら笑うなぁ〜

今年も沢山の方にお世話になりました。楽しかったな。
2017年もすぐそこ。
皆様もどうぞ良いお年を〜☆





A l'année prochaine
☆MUNEKO☆




pagetop

2016.12.23*Croquis de Paris No.405 ~ エッフェル塔で マルシェ・ド・ノエル、最後のサンタさん 〜 *

ふぅ〜

もし今年、サンタさんからの正直なお知らせを話していなかったら
来年も彼女はサンタさんに願い事をしていたのかな。
(なんかSMAPのワンフレーズを思い出すのは私だけでしょうか^^;)


この間見た映画、ビリギャルでも「もしかして、まだサンタさんを信じてるの〜?」なんてシーンも娘と二人で見てたしね。

でもね、すでにお友達から色々話は聞いていたはず。
それでもやっぱり、何を言われようと自分が信じたい事って信じられるんだよね。

 ☆ 新しくなったツリーは等身大。自分で飾り付けをするんだそうです。☆

***

今年のサンタさんは日本のサンタさんにお願いしました。
と言っても手配はママの私です。
まぁ、私の苦手とするゲームなので、特にあの小さな画面をピコピコ必死にやってる子供達の姿がどうも・・・

なので、だらだらギリギリまで調べもせず、最後の最後になって旦那さんに手伝ってもらってこれで良いのかな?って頼ったわけです。恐らくフランスのサンタさんへなら旦那さんは即決だった事でしょう。

挙げ句の果てに、なぜかそんなに切羽詰まってもいない日本のユニクロにも、なんだか荷造り直前になってクリックしてしまったわけです。
(もうこの時点でかなりおかしい動きしてます^^;)

 ☆ 学校から持って帰って来た松ぼっくりのオーナメント。形が綺麗で大きいのを選んで作ってくれたみたい。 ☆

日本のサンタさんも、そりゃぁ頑張ってくれたわけです(ありがとう)
で案の定、イヴイヴになっても届かないわけです。例のものが。
管理人さんに事情を言って探してもらうも、管理人室にも届いてないわけです。

ごめんね、ここにはないわ。イヴの土曜日の朝も郵便屋さんが来るから、きっと明日だよ♪と優しい言葉までかけられて・・・

 ☆ イヴのお昼はエッフェル塔の下の小さなマルシェ・ド・ノエルに行きました。☆

ですが、イヴの土曜の朝にも日本からの荷物は届きませんでした。


一ヶ月ほど前からツリーは自分でやる!って飾りつけして、
学校での松ぼっくりのオーナメント作りは一番大きな綺麗なものを選んで来たって見せてくれて。

イブの日は家族3人でエッフェル塔のマルシェ・ド・ノエルに出かけて、
出来立てのタルティフレットとラクレットをはふはふ、美味しいお昼ご飯を食べて。

晩ご飯はな〜んにもせずに切って並べただけ。
それでも美味しくて豪華になるフランスの食べ物。
好物のモン・ドールのとろとろチーズを頬張る娘が幸せそう。ほんと美味しいね。

そしていよいよ夜になって、あっさりと何も言わずにおやすみってベッドに入って行きました。

 ☆ 観光客の人たちも沢山で国際色豊かで賑やかです。☆

さぁ、どうする?

実はイヴの朝、とりあえず何もないのも寂しいので、思わず近くのお店でブレスレットを編む簡単なキットを買っておいたけど。こんな小さな箱がぽつんと置かれてある朝ってどうなんだろう、しかも店名入ってるし。

フランスのサンタさんが、日本のサンタさんから預かった手紙を置いておくって手は・・・
去年「サンタさんの字、ママに似てるよね?」って突っ込まれたもんで、こ、怖すぎる。(しかも緊張でフランス語、がフランス話、になってしまってたし^^;;;;)


そんなこんなで眠くなって来た私。(←こらこら、最近多いなこのパターン)
完全に現実逃避しております。

ごめん、寝るわ。と旦那さんに言い残してそのまま寝てしまいました。
そう、なにもしないで。

 ☆ 翌日のパーティのプレゼント交換のためにここでもドリームキャッチャーを買いました ☆

朝。いつもの様にまだみんなが寝ている早朝に携帯の目覚ましで起きた私。
それと同時に娘のベッドから「ママ〜?」と声がする。

「今日は早くに目が覚めちゃったから、もう起きちゃってもいい?」

ドキドキ。

「あ、うん、いいよ〜」と、平然と答えたものの心臓ばくばく。

 ☆ さぁて、お昼ご飯、何にしましょうか♪ ☆

寝室の扉を開けてリビングの向こうの、ガラスの扉の向こうにツリーがあります。二人で無言でそちらに向かうも、私には遠くからでも何も無いのがすでに見えている。

「ん〜っと、私眼鏡かけんと見えへんわ〜。」と眼鏡をかけてみる娘。
(本当はなにも無いのに気付いてるのかも)


(・・・・・・私)

「ママ?」


(ドキドキドキドキ)

 ☆ 僕にもちょうだ〜い!とトナカイの角をつけたワンちゃん ☆

『サンタさんって明日だったっけ?』

( !!! )

 ☆ スイスからはチーズとジャガイモのタルティフレットと溶かしたチーズをハムなどを挟んだパンにのせて食べるラクレット ☆

もう、この時点でママすでにいっぱいいっぱいっす(涙)

(落ち着け私)
あ〜、サンタさん間に合えへんかったんやね。
なんかさぁ、今年は日本のサンタさんにお願いしたやん、しかもゲーム。
ほら、ここ数年テロとか色々言われてて、そういうそれっぽい機械とか入ってるのって流石にサンタさんでも難しかったと思うのよね。

そんな事もあるかもって思って、ママからだけど小さなプレゼントを用意しておいたの。

 ☆ 昔シャモニーに向かう途中で食べたジャガイモチーズが懐かしくって、タルティフレットとラクレットでお昼ご飯 ☆

そう言って、戸棚にしまってあった小さな箱を娘に渡すと。

あー、ありがとう。
と少し嬉しそうに箱を開けてみる娘。

「でもどうしてサンタさん・・・」
と、娘が話し始めるも

ママ、限界っす!(涙)
もうこれ以上ママには無理ですっ!(激涙)

 ☆ アイススケートやる〜!!!と娘が言うも ☆

・・・ついに
事のいきさつを全て話してしまいました^^;

クリスマスの朝に何も無い、その切なさに耐えきれなくて、娘を抱きしめながらごめんねって涙がぽろぽろ。
そしたら娘も、そんな事言わんといてよママ、私も悲しくなってくるからとぽろぽろ(クリスマスの朝に涙しながら抱き合う母娘^^;)
そして私の頭を撫でてくれました。(どっちが親やねん)

 ☆ あ、私捻挫してるんだった、笑。と自己申告の娘。そうでした、君滑っちゃだめじゃん。っていうか、誰も滑ってないんですけどぉ ☆

これ、最近良くやられます。

学校への行きのバスの中で、
最近さぁ、Mを学校へ送って行くじゃん?そしてその後自分で習い事も行ってくれるから、夕方迎えに行くまでず〜っとママ一人。
慣れなきゃって思うけど、まだ寂しくてねぇ。
なんて言うと、ポンポンって隣に座る私の足を触って
「大丈夫、Mはママの心の中にいつでもいるから。だ〜いじょうぶ。」なんて憎いサリフをさらりと言ってきます。

 ☆ 晩ご飯もモン・ドールのとろとろチーズ。バゲットに生ハムやスモークサーモンで。オーブンに放り込むだけの簡単ご飯 ☆

***

そんなこんなやっていると、珍しくパパが早くに起きて来ました。

「パパ、昨日の夜はサンタさん来なかったのよ。」と私が言うと、
「え?来てたやろ?携帯見てみ?」

 見てみると、娘の携帯に新しくマリオのゲームのアプリが入っていました^^
娘曰く、パパに昨日携帯貸してって言われて、何するの?って聞いたけど無言だったらしい、笑。

「ゴメン、でも私白状しちゃったのよ」

面白い事に、パパが買ってくれたアプリも私が買った小さなプレゼントもまったく同じ金額だったのでした*^^*

 ☆ 手間がかからず豪華な盛っただけ晩ご飯 ☆

ねぇ、果たして世の中にこんなサンタさんの終わりってあるのだろうか?

どう見たって、切なさに耐えきれなくなったのは、私の中の小さな頃の自分だよね。

サンタさんなんてものはいないって思って大きくなって来た頃に、
親戚のおじさんに、信じてないから来いひんのやと前日にしつこく言われ、
今までちゃんと願いを書いて寝たか?ほ〜れ、それをやってへんかったからサンタさんも来んかったんや。と。

だから私はちゃんと枕元に欲しいものをお願いした手紙を置いて寝た。
今の娘と同じ、ほどほどに大きくなった頃だったかな。

そして次の日の朝、起きてみたら、

やっぱり枕元にプレゼントはなかったの。。。


そんなおじさんは今頃空から、ゴメンなテヘって笑いながら大好きなビール飲んでるだろうなぁ。おっちゃん、そんな時はちゃんとあなたの妹さん(私の母)と打ち合わせしといて下さいな。

ともあれ色んな意味でみんな、そして自分もお疲れさまでした*^^*ありがとう

 ☆ サンタさんの出番がなかった今年のツリー ☆

そして2日遅れでプレゼントは無事やって来ました♪
(日曜日のクリスマスの夜のパーティ終わりの深夜にも娘は郵便受けを見に行きたいと言いました。大丈夫そうに見えて彼女なりに気丈に振る舞ってたんだと思います。早めに届いてくれて良かった♡)

最後のユニクロクリックは、私の中に確信犯がいたな、笑。
もういいでしょう?って自分が言ってたんでしょう。
私もそろそろこの荷を下ろしたかったんだと思う。


すっかり子供に大人にしてもらってますね^^

なかなか書けなかったなぁ、今回。
これは最後のサンタさんのお話。
今思えばなんだかほっとした話です。

長〜い文章を読んでもらってありがとうございます。

ねぇねぇ、みなさんのお家はどうでしたか?




A la semaine prochaine
☆MUNEKO☆


pagetop