Designer's Diary デザイナーズダイアリー

パリ通信

2016.09.23*Croquis de Paris No.391 ~ 今日もランダムに 〜 *

誕生月の9月はいつも仕事に忙しい・・・
とか言ってたら、娘に、私の誕生日の1月もねっと言われた。
確かに^^;

ひゃぁ、あっと言う間に一週間が過ぎます。
あとちょっと、あとちょっと頑張れば〜、のそれがなっかなかしんどい。

年だね、笑。
私、齢(よわい)四十四になりました。

 ☆ 週に一回、新鮮な食材を買いにマルシェへ。貴重なリフレッシュの時間 ☆

9月はこちらの新学期。
今だに水曜日の授業がない娘の学校なので、学校に通うのは実質4日。
一般的には子供が一人で歩いて良いのは10才から
(メトロやバスのチケットも大人価格に跳ね上がりました^^;)

と言う事で、本人のたっての希望でバレエの授業の無い週に2日、
一人で学校から帰って来る事になりました。ドキドキドキドキ

 ☆ 鯖にイカにカレイに鰹に金目、この日は娘が大好きなカレイを購入 ☆

いつも楽しく帰って来ては、親の心配もどこへやら、
逞しくなったものです*^^*

朝もバスの時間を随時ネットで調べられるので
行きはさくっと一緒にバス通学。

もうね、逆に外に出たくって動きたくて、
面倒だった習い事への送り迎えが今や楽しみですもん♪
(これも、待ち時間にカフェで書いています)

 ☆ 鱸にマンゴーかなりイケます♪ 鯛にケイパーも♪ ☆

ところで、普段は沢山の量を食べる方ではない気がするのですが、
こうしてランダムに写真をupしてみると、食べ物の写真の多い事、笑
量はいらないけど、ちょこちょこ、しかもず〜っと何か食べてる^^;
好き、なんですよねぇ。

上の写真はいつものスーパーの魚屋さんで始めたお惣菜。
鱸にマンゴー。鯛にケイパー。
余った分をニンニクを塗ったバゲットにのせて、ブルスケッタにしてみました。
おいし♡

 ☆ パリでフランボワーズとイチジクのパブロバ見っけ!☆

塾に送った帰りに見つけたショーケースの中のパブロバ。
Yさんが大好きで、Sちゃんがいつも手作りしてくれる幻のケーキが売ってる〜☆
今度試してみなきゃね☆

 ☆ Sさん達が言ってたのここだ〜♪ と早速入ってお買い物 ☆

そしてSさんに教えてもらったサントノーレに出来たというアランデュカスのチョコレート屋さんにも
オペラに出るついでがあったので寄ってみました♪

中には日本人の店員さん。
お客様も日本人のカップルが一組。
ビミョ〜に店員さんがお客さんに引っ張られて関西弁なまりになって行く*^^*

思わずここは関西かっ!と、一気にワープしてしまった異空間にほっくりしたのでした。

 ☆ お試しセットが入っていました ☆

夜はやーっとこさ、プレゼントにもらったエスプレッソを入れ^^

 ☆ うまし!一気にバクバク食うな〜!とか言ってみる、笑 ☆

誕生ケーキ代わりのデュカスのチョコと一緒に。

週末はクラスで偉人についてのグループ発表があるとかで、
内容をまとめるために、引っ越して初めてこの家にお初のフランス人お友達のMdちゃん登場〜☆

 ☆ 懐かしのラムネを買って挑戦してみる ☆

好奇心旺盛過ぎて面白過ぎ、笑。
なんでも、食べてみる!なんでも、やってみる!

出た、娘以上のキャラの強さ^^

写真を撮るのに娘がピースをすれば、ピースをしながら、どうして?これどういう意味???

食べないだろうなぁって思いながらも大福を出せば、
ぎょえ〜っと叫びながら・・・ん?美味しい♡

宿題も多少の間違いは気にしない気にしない、死ぬ訳でなしって(おいっ)

 ☆ ていうか、なんでビー玉なんだろうね^^; ☆

かといって、ちゃんと気遣いがあって、めっちゃ可愛いのよねぇ♪
好きだなぁ*^^*

娘はMdちゃんに好かれすぎて、ちょっとは開放して欲しいらしいけど、笑
好奇心旺盛でパワフルな二人がこれからも楽しみです。

 ☆ 夏の終 ☆

とことん行き当たりばったりで書いてみた^^
こうして書いてみると、忙しいなりに結構楽しんでるか。

おめでとう私



A la semaine prochaine
☆MUNEKO☆




pagetop

2016.09.16*Croquis de Paris No.390 ~ 今日はきゅう〜け〜い 〜 *

今日は〜、もう〜休憩^^;

いやぁ、久しぶりに疲れちゃいました。
頼まれてるPCを使ってのお仕事も一杯一杯。
さっき旦那さんに、うりゃりゃりゃりゃーっ!と肩を揉んでもらったら
凄く楽になった。もう長年肩こりなんてしてない気がするけど久々に。

 ☆ ここに来るのは何年ぶりだろう〜 ☆

娘が横から興味津々でPCを眺めて来るので、
ママ、今めっちゃ産んでるのよ・・・と言うと、
ポコポコ?♪♪と聞き返すので、
うううん、難産。うーんうーん(汗)って
でもめっちゃ産んだわ。今私超〜子だくさん母さん、笑。

そんな折、大好きなCkさんから、
2家族で週末ヴェルサイユまでご飯食べに出かけませんか〜?のお誘い。
ここのところ忙しくて^^;と返事していると、
週末は休まにゃ♪とCkさん、
ですよね〜〜〜♡←私、笑

 ☆ そう、向こうに見えるのは・・・ ベルサイユ宮殿 ☆

と言う訳で行ってきました♪ 笑。ご飯を食べにヴェルサイユまで。ふふふ

娘ももう写真でしか行った記憶がないくらいだから・・・
7年ぶりくらい?
昔はうちの庭!?ってくらい、笑、昔はあんなに色んな人を連れて来ては散歩してたのになぁ。

 ☆ ヴェルサイユ宮殿内の田園(があるんです)横を通って ☆

ところで、最近気になっていたキーワードがあって。
「普通」って言葉がやたら目につく

よく、勉強が出来たり、仕事が出来たり、
服装がきちんとしていたり、部屋がとっても綺麗だったり、
出来る嫁だったり、いい人だったり、健康だったり

確かにそれは素晴らしい事だけど、
それが普通と、ゼロ地点の基準値としてしまってはいないかなぁと。
いや、してたよね、確実にって^^;

 ☆ 食べに行ったのはポルトガルレストラン。いや本当に、お・い・し・い ♪ ありがとうCkさん♡ 左上は黒豚のカルパッチョに右上は塩鱈バカラオのアサリ蒸し ☆

だってそっちの方がカッコいいしね、笑。

で、最近はそのゼロ地点、ちょーっと違うんじゃないかなって。
(遅い?気付くの。笑)

そりゃぁ綺麗が良いし、なんでも出来た方が良いし、
常に健康なのは素敵だけど、
また逆に、それだけに拘っていて神経質になるのも何だしっていうので、
反対に、汚くても良いし、出来なくても良いし、不健康な人ももちろんいるし、と反対側もふむふむと理解を示すも、

あれ?でも、やっぱりゼロ地点が、
綺麗がいいし、出来た方が良い、に設定されてるよね?って。
いや、好きだから別にいいっちゃいいんだけどぉ

 ☆ で、こんな可愛い指輪立てをもらってしまった。。。私が陶器フェチなのを知ってか知らずか。萌えるぅ*^^* ☆

でもこれ、その出来ると出来ないの間くらいの設定にしておけば、
気持ちがいい方の、綺麗とか出来たって時は、今までよりもっと嬉しいし♪
心地悪い方の、体調崩しても出来てなくてもって時も、
今までのゼロ地点よりは距離が近いのではるかに気が楽。じゃない!?

いやぁまぁ、そう大げさには設定はしてなかったんだけどね^^;
ふと、これがいいんじゃない?と思った。
(え?そう気付いてなかったのは私だけ?笑)

 ☆ そしてそして、ひとん家の物を欲しがる私もいかがな物か、なのだけど。この絵が本当に欲しかったの〜!!! ありがとう♡ ☆

普通地点。

どっちに振れても当たり前、
ただ戻って来る位置を知っておく。ここが基準点ねって。
どっちに振れても、柔軟に戻って来れるここを知っている、
それっていいなぁ。。。

 ☆ で、まさかのまんまるお月様も帰りに存分に見れた。写真にまともに撮れたのは一枚だったけど ☆

と、そんな話はもちろん食べに行ったポルトガルレストランでは話してないけど、この家族はそこに戻してくれるんだよなぁって。
嫌なもんは嫌、好きな物には多いに感動、物事すっきり割り切る、
そして、笑い。

お肉も魚もほんといい塩梅というやつで、とっても美味しかったし、
家かってくらい、くつろぎすぎてゲラゲラ笑っちゃって、お店の人にもゴメンなさいってくらい楽しかった。

 ☆ ただ今〜のエッフェル塔 ☆

少し早い誕生日プレゼントなんかも頂いちゃって♪
人ん家の絵を欲しがるってどうなの私、笑
Ckさんが買って来て、奥さんのYさんが額装したモスグリーンの額。
8年前からこの日のためにと買っておきました♪ とby Ckさん
(さっすがぁ〜♪ 笑 )
ありがとうございますっ!大事にしますっ!

 ☆ 箱のままで満足。開けるのさえ今日はしたくない日なのだ、笑 ☆

家にはネスプレッソマシーンが☆
家族にもみんなにもありがとう♡

今日はもう仕事はしないもん(これ書いてるけど、笑)
旦那さんがいようとお昼ご飯も作らないもん(こらこら)

あ〜リフレッシュ♪


ではではまた来週に^^



A la semaine prochaine
☆MUNEKO☆




pagetop

2016.09.09*Croquis de Paris No.389 ~ アーティペラーグ・グスタフスベリ、そしてヨハンのお肉ロルフズコック 〜 *

今日は長いです^^;お時間がある時に

いやはや、久々にとんでもなく忙しい一週間でした。
引っ越しのお祝いの来客。知り合いの方との食事。そしてまた来客。
そして極めつけが・・・

 ☆ 唯一のKちゃんのお休みは、アーキペラゴ(小島)のクルーズに出ました♪ ☆

「建物の浸水」

マジか(涙)

 ☆ 島と島の間をぬって走ります。寒いけど、いい景色〜 ☆

ちょっと変わった体質の私なのか、一週間ほど前からヒントの浸水のワードがちらほらと^^;
友人との会話だったり、急に娘に、ねぇ?ここって水が来たら沈んじゃうの?って聞かれたり。そうだねぇ、この部屋は大丈夫。でも地下3階のカーブ(物置)は沈んじゃうだろうし、地下2階の駐車場もビビっちゃうよね。なんてのが前日に。

 ☆ 目的地、アーティベラーグに1時間半で到着♪ ☆

幸い、深夜に帰宅した旦那さんから「下がヤバい事になってるっ」と言うのを聞いて、慌ててビーチサンダルを履き、地下3階に下りてみたら、
どこからか湧いて出た水が、エレベーターとの隙間から地下にじゃんじゃか滝の様に落ちていて、今にもこの階は完全に浸水してしまいそう。
なので、とにかく廊下の水場を抜けてカーブに行き、マットやらを机や家具の上に上げて、雛人形やロングのコートなんかを部屋まで引き上げて来た。。。

 ☆ 船着き場から設けられた海岸線の道を通って美術館に到着〜 ☆

数ヶ月前に引っ越して来たここには日中にしか管理人さんはいない。
朝までにどこまで溜まってるだろうね;;

幸い?水位は15センチほどで止まったらしい。が、問題はそこから

床に段ボールを敷いていた我が家のカーブ。
びっちょびちょのぐっしょぐしょで水が引かない(涙)
そこにいきなり土曜日の朝から清掃業者が入りますので同席して下さい、って言われても旦那さんは仕事。

 ☆ と言っても今日の目的は美術館ではなく、見渡しも良いここの評判のスモーゴスボード(ビュッフェ)が目当て。☆

やりましたよやりましたよ、おじさんに手伝ってもらいながら一人で^^;
実物大テトリスです、もう。
これどけて、動かして、段ボールを取り除いて、水吸ってもらって、掃除用除菌スプレーして拭いて、そこに別の物を動かしてまた別の所を・・・
おじさんにそこクローゼットを斜めにしててって頼んでダンボールをギリギリまで抜き取っても、さすがに大きいものは動かせず、ダンボールも取り除ききれず。
おじさん曰く「大丈夫だよ〜、段ボールだもん、自然に乾くよ〜♪」
いやいやいやいや(笑)段ボールがあるからいつまでも水吸ってびしょびしょなの〜!特にこの地下の換気の悪いカーブではっ!

 ☆ 値段は少々張りますが、マジ美味しいです。今でもここのご飯を再現したくてしかたないくらい、笑 ☆

とまぁそう思いつつも、
周りの住人達の、「浸水の度に整理して掃除が出来て良いわ〜♪ルンルン」
なんてセリフに(そう、フランス的には取り乱すよりシャレで切り抜けるがいわゆるイケてるっぽいです^^;)
「なぬ〜!?!? 『度に』って、前回は、とかどういうこっちゃ〜!」と突っ込まずにはいられなくなるも、もはやそのフランス人の余裕な姿に笑えてきて、みなさんと一緒にお掃除を済ませた朝でした。
(残りは旦那さんに手伝ってもらいましょう。)

げげ、愚痴が長くなりました。

 ☆ 正解はこれでしたね。やっぱり長年住んでいる人は違います^^ ☆

写真はスウェーデンの旅の続き。
唯一のKちゃんのお休みを利用して、アーキベラゴ(小島)のクルーズに出ました。
食いしん坊達の目的地はアーティベラーグ美術館
の、ビュッフェ(時間がないから作品はまた今度^^;)

ひとつ上の写真が私のお皿、下がKちゃんのお皿。やっぱ、達人の皿は違います。旬のジャガイモスープにたっぷりの上質バター。
おお、正解はそれだった^^;勉強になるわぁ♪

 ☆ 中がもっちもちで、外が田舎風にカリッと。最高のパンです。☆

にしても、スウェーデンのパン。ほんと美味しいです。
ここのパンもめっちゃ美味しかったぁ♡
売店でも売られてたパン。持って帰ることばっかり考えて無理だなぁって買わなかったけど、翌日の朝ご飯に買って帰ればよかったなぁと今更思う。

 ☆ グスタフスベリまではバスに揺られながら♪ 茶色の建物は陶磁器博物館 ☆

ゆったりと美味しいご飯の後は、バスに乗って日本でも人気のグスタフスベリへ

元々レンガを作っていた港町が1825年に陶器メーカーとして生まれ変わり、
1917年に迎えられた「スウェーデンの工芸デザインの父」ヴィルヘルム・コーゲと、1942年にコーゲのアシスタントをしていたスティグ・リンドベリと共にグスタフスベリ・スタジオを設立。その後の1950年〜70年代に一世を風靡したグスタフスベリの町。

 ☆ 遠く離れた町で絵付けのアトリエを見つけてしまいました ☆

そんな町の博物館をぶらりと訪れたら、窓の外から絵付けのアトリエを見つけてしまった*^^*

小さい頃、家族と行ったホテルで絵付けをした記憶。
(なぜかドナルドダックを描いた様な)
自分の描いた絵がお皿になって上がって来た感動。
その後も学校の、素材は何だったのか、ロウの様な石膏の様な素材のお皿に立体彫刻したり、社会人になってからもジュエリーケースを陶器で作ってみたり。
陶器好きにとっては・・・これは行っとくしかないでしょう、笑。

 ☆ 出来たお皿を見て、私の子供っぽい、と凹む娘。いやあなた子供だから、笑 ☆

出来た♡
っていうか、いつまででも描いていたい*^^*
なぜか、もうやめて〜ママ!と止めに入る娘を横目に、やりだしたらキリが無かったです。(たぶん、またいつかやるのかもなぁ)

 ☆ 結局買わなかったリンドベリのアウトレットの食器 ☆

スティグ・リンドベリの有名な緑の葉っぱ柄のベルサや、
ブルーの丸が並ぶアダム、ゴテっとした懐かしい花柄のアスター。
そしてリサ・ラーソンの素朴で可愛い動物の置物。

アウトレットも見に出かけたけど、柄のズレやらアウトレットのせいか、
なぜか買う気になれず、買わずに帰って来たものの、後で日本のネットでその値段の高さに調べてびっくり!買っときゃよかったかな^^;

 ☆ お肉屋が美味しいって聞いてるけど、どんなお店だろうね。☆

そしてそして、唯一のKちゃんのお休みなので、夕食もどんと行っときましょう♪ 笑
是非連れて行きたいというレストランが夕方5時と夜の9時しか予約が空いていないというので、5時を取っていたKちゃん。大急ぎでグスタフスベリを後にして、帰りはメトロ共通のカードも使えるバスで。5時少し前に到〜着〜。

他にも、やっぱり5時のオープンを待つ人がいますね。ほんとストックホルムの人たちの晩ご飯は早いです。

 ☆ お酒が飲めないので何かありますか?と頼んだら、めちゃめちゃ美味しいリンゴジュースを持って来てくれました♪ マジで美味しかったです。 ☆

『 ROLFS KOK/ロルフズ・コック 』
ベスト・ミートレストランを何度も受賞しているヨハン・ユレスコーグ(名前覚えられない;;)
毎週様々な場所から最良の肉を取り寄せることが出来る最強のネットワークと、その肉を80日まで保存させておくことの出来る特別な冷蔵庫。それをフルタイムで管理する人と肉のソムリエの存在。

お肉は乾燥・熟成させることで独特の香りと舌触りを実現出来る。
。。。パリでも熟成肉はトレンドでもありますね。


味はもうね、最高〜☆ それに、パリとプロバンスで3年ほど働いた事のあるシェフだけに、私たちにとってもわりと馴染みのある料理が多くて、安心して注文出来ました。
お昼もすんごい一杯食べただけあって、さすがにメインだけ注文したけれど、

↑この量、笑。

ほぼ毎回、ストックホルムでは結構な量の料理を食べてきて、パリに帰ってすぐの外食での量のあまりの上品さに(それでも、日本よりは多い)一瞬無言で固まる娘の顔が可愛かったです。

ひゃぁ〜、食べた食べた。
帰って来て体重を量ったら、娘+3kg、私+ーゼロ。パパ ー3kg
笑。普段のパリでの摂取カロリーと消費カロリーがばれちゃいますね。





A la semaine prochaine
☆MUNEKO☆


pagetop

2016.09.02*Croquis de Paris No.388 ~ ストックホルムで お好み焼き ♡ 〜 *

Kちゃんちから、J君に連れられて小さな丘を越え・・・

 ☆ 近所にこんな海の見える丘って羨ましい*^^* ☆

のーんびり海を眺める人々を抜けて、てけてけ歩いて・・・

 ☆ ぼーっと眺めて座る。こういう余裕って見習いたい^^;☆

この道を、って大通りに出たらマラソン大会でめっちゃ盛り上がっててまさかの大混雑。

 ☆ 普段はそんなに人通りは多くないらしいけど、この日は大賑わい ☆

で、間をぬって到着〜♡

 ☆ 嬉しいね、Kちゃんのお店だよ♪ ☆

ふふふ、右のお店のショーウィンドーと黄色のテーブルがいい味出してるけど、お店は奥ね☆

おっ邪魔っしま〜す!

 ☆ 日本語と英語の看板が嬉しい♪ ☆

Kちゃ〜ん♡♡♡

 ☆ きゃはは、 ☆

元々はゲームデザイナーのKちゃん。
日本で、アメリカで、そしてストックホルムで、有名どころのデザインを手がけて来たKちゃんが、ついに脱サラ♪

と言っても、デザイン会社で働いてる姿を見た事がない私にとっては、
学生時代、居酒屋でバイトしまくってたKちゃんのこのスタイルの方が馴染み深いかも、笑

数年前パリに来た時から既にハンチング帽子探してたよね。
お店オープンしたら被るんだって♪
似合ってる似合ってる^^

 ☆ 店内も手作り、壁も全部手書き!流石っ(写真がヘタでごめんなさい^^;) ☆

今回、忙しいのに、いくらでも遊びに来て〜!と言ってくれたKちゃん。
実際お邪魔してみたら、ほんっとに忙しそうで^^;
そんな中、ゲストルームを使わせてくれて、鍵も預けてくれて。

 ☆ よく撮れないので違うカメラで一枚 ☆

共に暮らしていた人間としては、
あんなに朝も弱かったイメージなのに、ちゃんと朝早くに起きて、お店を開けて、夜も遅くに帰って来て、それから事務仕事処理をして・・・

「本当にえらいねぇ・・・。」ってつぶやいたら、

当たり前やて、もう始めちゃったんだから☆
と笑って答えるKちゃん。

 ☆ ストックホルムではほとんどの人が英語を話せるので、基本会話はすべて英語で。☆

昔からそう

軽トラが欲しくて・・・ほとんど食べてないとか、笑
今度はマウンテンバイクが欲しくて・・・食べてないとか、笑
しっかりバイト、そしていつの間にかそれらを手に入れて、ちゃんとやりたい事をやってる。

学校も親からお金は借りられないなら奨学金、
卒業後は絵描きにはならないですぐ就職
転職のための技術はすぐに取得

そして、就活でも媚びて決して自分を安売りする事はない。

・・・素晴らしい*^^*

 ☆ こんな隅までびっちり描いてるし^^ ☆

そんなKちゃんが数年前、今度は店をやると言い出した。

企画とイメージはバッチリ、市からの支援も大丈夫そう、
鉄板無しのお店でも可能な、お好み焼きの師匠を日本で見つけた♪

どんどこ話は進んで、あっと言う間にお店をオープンさせてしまった☆

 ☆ お、仕事の顔してる♡(当たり前か) ☆

J君曰く、今年の3月のオープン時、あまりの忙しさにKちゃんは7キロも痩せてしまったらしい。
(3月と言えば、私も家探しやらなんやらでヒーヒー言ってた頃)

「オープンの頃、7キロも痩せたんやって?」と聞いたら、

そうなんやてぇ、でもこの間日本で4キロ太って帰って来たから全然平気(爆笑)と言うKちゃん。なんとも逞しいのです。

 ☆ 実際Kちゃんのお好み焼きを食べたのは結局最終日の前の夜でした♪ 独自の製法でほっわほわのふわふわの仕上り ☆

たぶんね、
結婚したら家の事はじゃぁ誰がやるの?とか、
彼が反対するからとか、
例えば子供がいたら子供が落ち着いてからとか、
子供がいるから出来ないとか・・・

たぶんね、Kちゃんならやっちゃってからその後の対策を考えると思う。
彼に色々お願いするとか、シッターさんを雇うとか。

で結果、やりたいことやれて楽しそうにしているKちゃんを見れて彼も友達も周りのみんなが幸せ。

 ☆ デザートにクリームソーダとか抹茶ラテとかもありますよ〜♪ ☆

実際、お店も壁の絵もほとんどを、友人達がビールで釣られて(笑) 周りの得意な人たちが仕上げてしまったらしい^^
そしてプログラマーの旦那さんはネット上のシステムを作って、会社員時代のストレスから開放されたKちゃんを眺めては嬉しそう。

そう、巻き込まれる方も楽しくなる、そんな人。

 ☆ 外は、さっきまでのマラソン大会でなぜだかトコ夏な雰囲気(寒いけどね)☆

相変わらずおもろいわ、Kちゃん。
なっかなか一般的には勇気がいるけどね。勉強になります、いつも。

えらいなぁ*^^*
とちょっぴりビビリ〜な夫婦はその勇気を見せてもらって感動した次第。

 ☆ 帰りはメトロで♪ 何度来たかな、マリアトロゲの駅 ☆

オーブンを使った特製お好み焼きは、ヘルシーでふわっふわ♡
メニューは、3種類から選べて1個がS、2個でM、3個でLと、色々組み合わせて選んでサラダと付け合わせのセットメニュー。
値段もかなりリーズナブル☆

ここ数年、ストックホルムではカジュアルで手軽に食べられて、しかも美味しいレストランが急速に広がりつつあるそう♪

おかげで、Kちゃんのお店『ママウルフ』もオープンの際には、地元紙で沢山取り上げられて大変な話題になったらしい^^

 ☆ この日は冷や奴も頼んじゃいました♡ Kちゃん特製唐揚げもおススめ ☆

反面、スウェーデンの人たちは健康意識も高くて超ヘルシー思考な人が多いので、ベジタリアンにグルテンフリー(お好み焼き屋でグルテンフリーって^^;)にetc・・・
メニューを考えるのはなかなか大変らしい

頑張れKちゃん。
いやでも、マジ美味しいです♡
皆さんもストックホルムで日本の味が恋しくなったら是非☆

『ママウルフ』
Timmermansgatan 15
Stockholm 118 25, Sweden



A la semaine prochaine
☆MUNEKO☆





pagetop