Designer's Diary デザイナーズダイアリー

パリ通信

2016.08.19*Croquis de Paris No.386 ~ 初スウェーデン、ストックホルムへ 〜 *

た、だ、い、ま、ですっ^^

 ☆ 飛行機を待っていると主人の今の会社で大変お世話になっている女性と遭遇。同じ便でした。しかも斜め後ろの席、偶然って凄い ☆

シャルルドゴール空港、ターミナル2から飛行機に乗って2時間半。
見えて来たのは海と島と緑の見える街。

 ☆ ほんと、沢山の島からできてるんだね♪ ☆

その後小さな空港の目の前から出る空港バスに乗ること45分。
パリの景色とまーったく違和感のない(笑)緑の景色を過ぎたら・・・

 ☆ ついにやって来た〜 ☆

「 Hello~スェーデン♪
  Hello~ストックホルム♡
  Hello~ Kちゃーん!」

ついつい興奮、笑。
大学時代からの付き合いで、いっつも向こうからパリに遊びに来てくれていた
Kちゃんの住むストックホルムにやっ〜と遊びに来れました♪

 ☆ Kちゃんが仕事なのでJ君がお迎え、家では可愛い2匹の猫ちゃんイチとニッカにお出迎えされました*^^* ☆

大学入学初日から我が家に泊まってた仲のKちゃん。
二人とも卒業後は絵描きにはならず即就職し、
数年後、偶然にもまったく同じ日の午前と午後に(会えなかったけど)同じ空港から私は西のフランスへ彼女は東のアメリカに渡り。その後、彼のJ君の地元スウェーデンに移りストックホルムに住み始めて7年。
その間にも何度もパリに遊びに来てくれてたKちゃんの住むストックホルムに

来ちゃった♡

 ☆ お手おかわりハイタッチが出来る! ☆

Kちゃんはまだお仕事なのでJ君と少しお家で休ませてもらったら、
さっそく近所にご飯を食べに♪

 ☆ LINJE TIO 10番線というカクテルが美味しいお店。綴りと発音が英語とフランス語を駆使するとなんとなく分かります^^ ☆

って、めっちゃ子連れでは入らなさそうな場所で笑ったけど^^;
まもなくKちゃん登場〜☆
お〜、久しぶり〜!って、そんなに久しぶりな感じがしないし
そしてここストックホルムにこのメンバーが揃ってるのがまた可笑しかった。

いやぁ、なんて近くて安いの、笑。
今までなんで来てなかったんだろうね。
とにかく会えて嬉しいよ♡

 ☆ 娘の方が猫ちゃんたちにメロメロ。朝からお土産のおもちゃで遊びます。☆

翌朝早く出勤して行くKちゃんを見送って
初日はJ君が街を案内してくれる事に♪

どこに行きたい?と聞かれたので、まずは一番面白そうな島、ガムラスタンへ。

 ☆ パリと違って、建物の表がシンプルでカラフルな壁色の町並みが期待通り可愛いです。☆

メトロはカードを購入して必要な金額を入金して使うシステム。
パリはまだまだチケットで移動するけど、ストックホルムではチケットも
現金もほぼ持たないみたい、パリに比べてもっともっとカード社会の様です♪

 ☆ こじんまりとした博物館です。☆

そして、最初にやって来たのはノーベル博物館。
J君も初めてらしい。

 ☆ ノーベル賞のメダルのレリーフがメインのフロアーに施されてありました。☆

今回初日の夜にKちゃんに「ねぇ、どこ行きたい?」と聞かれてはっとした事。あんなに、お薦めをリストUPしてくれていたにも関わらず、直前まで結構バタバタしてしまっていて、珍しく私はほぼなーんにもチェックしておらず。

と言うのも、この旅のメインが、Kちゃんの住むストックホルムにいく事。
だっただけに・・・・

もう気が済んじゃってる、笑。

 ☆ 恒例のイスの裏のサインの展示。2015年のノーベル生理学医学賞を受賞した大村智さん、他にも物理学賞の梶田隆章さんのサインがにありましたよ。☆

もう〜、ちゃんと見て来てよ〜!
と突っ込まれて、ごめんごめんと笑って。じゃぁとりあえず面白そうなガムラスタン♪
そんなゆるゆるな旅です。

 ☆ 1901年から900名以上の受賞者とその功績の展示。これまでの受賞された方達から送られた品々、晩餐会の様子、フィルムなどなど、カフェもあるみたいですね。☆

ノーベル博物館では子供向けの日本語のクイズ形式のパンフレットがあって、早速挑戦。するも・・・
よくよく考えてみたら、基本展示に対する解説は全部スウェーデン語もしくは英語で(当たり前ですが)娘には「◯◯を探してみてね」の問題もどこを探していいのかまったくわからない^^;
で、私もパパもそこまで英語をすらすら読みながら進むでもなく、さーっと流してるのでイマイチ。

最終的に、日本語のクイズを英語でJ君に訳し、J君があそこら編で見たよ!というのを頼りにそこへ行き、
そこの英語の文章をざっくり読んで娘に説明し、そしてクイズに答える。。。

 ☆ 想像以上に隙間が大きく溝が深いストックホルムの石畳。☆

やっとこさ、クイズを終えたら記念にムージアムショップのお姉さんからメダルを型取ったチョコレートを頂きました♪
(晩餐会で実際にコーヒーと一緒に出されているものなんだそうです。)

むむ、さてはこの旅。
英語と、パリと比べ物にならない凸凹石畳との小さな戦いが待っていそうな予感^^;
(気がつけば昔に比べてパリの石畳は観光地や地方を残してほぼアスファルトになってしまっているのですよね)
すでにママは英語スイッチがショートして終日OFFになりそうよ、笑。

ここに着いた時から気になっていたストックホルムの人たちの足元。
とにかくスニーカーなのね。
なるほどそういうことかぁ、と納得。
しかもみんな英語はぺらぺら。

スウェーデン、英語にスニーカー。必須かもです*^^*



A la semaine prochaine
☆MUNEKO☆





pagetop

2016.08.12*Croquis de Paris No.385 ~ 秋になっちゃった?寒いパリより 〜 *

誰かが日本から帰って来たよ
って聞いたら、ご飯しよ♪ご飯しよ♪
バカンスだけにしょっちゅう食べて飲んでるね私たち、笑。
まぁ、楽しい事は良い事です^^

 ☆ Yさん家の紅葉が数日前から紅葉し始めたって ☆

ところで、肌寒いですよパリ。
夏でしょ?バカンスでしょ?って思うからコートにブーツなんて出したくないからなるべく夏な格好で出かけるけど、肌寒いを通り越して、寒い!って昨日は怒ってました。笑

☆ た、太陽の光が。ありがたや・・・☆

で、話は戻って
そう、Ckさんがひとり日本から帰って来たというので、早速会社に行かれてる間にお家をお借りして、ほか3家族でご飯を持ち寄りして、おかえりなさ〜い♡

 ☆ 食べる前から美味しそう ☆

こんな日は大皿に移さずにそのまんまで食べれる物を♪
先にメッセージをやりとりしてメニューがかぶらない様にするのですが、
手羽先餃子と聞いて、てっきり手羽先の身をほぐして餃子の皮で包んだ物か
手羽先そのまんまが餃子の皮で包まれたりとか、いわゆる餃子をイメージしてたので、まいっかとそのままにしてあったのだけれど、

 ☆ おひとり様プレートを作ってどれを食べようかワクワクしながら食べるのが好きです。☆

違うんですね^^;
餃子の具が手羽先の中に入ってるのね、
手羽先かぶりました、笑
でも結局手羽先大好き子供達のおかげで良く売れました♪

鯛の昆布〆とか、綺麗な出し巻き卵とか、ほんとみんなのご飯美味しすぎる。
お酒の飲める大人は日本酒日本酒赤に赤、飲む物によって、酔い方とキャラが違うという発見のあった夜でした。

 ☆ 今日は朝から塾にオペラ界隈にあちこちに出かけます。☆

翌日は朝からパタパタパタパタ

にしてもいいお天気〜♪
(寒いは寒いけど)

 ☆ ビルアケムは撮影で使われる定番の場所ですね。この日も、モデルさんかな ☆

今日は珍しく少し早めにダイアリーを書き書きしているのですが、
UPしたらそのまんまとある場所までひとっ飛びしてきます♪
これまた我が家にしては珍しい。。。

というわけで、その前に準備をば。

 ☆ ここのシルエットが好きです ☆

いやぁ、それにしても。アナログな性格なので普段携帯もパソコンも全然古いもので大丈夫なのですが、
観光お薦めスポット送るよ〜♪ってグーグルに50いくつもマッピングされたHPアドレスをひとつ、さくっと送って来られたら流石にプリントアウトして持って行くって訳にはいかず^^;

でもやっぱり紙も欲しいっていうので、オペラにあるジュング堂書店で地球の歩き方を購入しつつも、結局アップルストアーに久っさびさに行ってきました・・・

 ☆ 目的の場所はこの裏手に ☆

で、色々見て、iPad mini 購入♪
(時間無くなって結局買ったのはFNACでだけど^^;)

こういうことでもないと動かない我が家。
でも、そういうことがあると動く我が家。
引っ越しといい転職といい、人生上手く出来てますな・・・

 ☆ 古い雰囲気のあるアップルストア ☆

サンタさんにお願いしたかったものが突然手に入った娘は
日本以外の海外に行けるってのとiPadの興奮で昨日は深夜に胃痛に襲われてた。焦ったよ・・・落ち着け娘、私もか、笑

 ☆ 逆光なのでちょっと手を加えたけど、やっぱり見づらい? ☆

帰り道、
修理中!? だったヴァンドーム広場の円柱もカバーが外されていました♪

あの上に立つ像、あれってナポレオン像だったのですね。
(写真見切れてる^^;)今知りました。
円柱には浮き彫りが施されたブロンズの延べ板が螺旋状に巻き付けられているんですって。一時取り壊されたものの、その延べ板は保存されていたいたんですって♪

 ☆ チュイルリー公園の移動遊園地 ☆

リボリ通りからは、チュイルリー公園の移動遊園地の観覧車が見えます。
あ、セーヌ川ではパリプラージュ(パリの海岸)やってるか。

バカンスの半分をギブスした娘と過ごしていたので、すっかりお出かけ忘れてました。

気がつけば8月も中盤。
残りのバカンスを楽しみます☆

少しは暖かくなってくれるかな?
結局寒さしのぎの上着も買っちゃったよ。
これで準備万端?

ではでは行ってきます♡



A la semaine prochaine
☆MUNEKO☆




pagetop

2016.08.05*Croquis de Paris No.384 ~ 海外での日本人子育て 〜 *

すんごい久しぶりにカフェにて更新中・・・

少し寒そうだし、半袖に軽い上着を着てサンダルで出て来たけど、周りはブーツとかいるじゃん^^;
今年のパリは肌寒いです。日本は暑いんですよね?
ブーツ、引っ越しで履き潰しちゃったんだよなぁ・・・

 ☆ 10進法の発祥の地、フランスだけに、重さを表現するのにも、t トン、q カンタル、kg キログラム、hg ヘクトグラム、dag、g、dg、cg、mgと、全ての位毎に重さの呼び名があるらしい。ひぃ〜 ☆

さてさて、
今日は2ヶ月ぶりに娘を連れて塾にやってきました。
メトロも塾の階段の上り降りも、ギリギリ、かな。
周りからはスキップしてる様に見えます。
本人曰く、自分で編み出した楽な下り方なんだそう♪


『 海外での子育て 』
(の参考になる答えは書いてありません^^)

先週、長い間休んでいた授業の件もあって、塾に娘の事を色々相談に来ていました。
以前からフランスの現地校に加えて塾での毎週の宿題が少し負担になっていた様なので、日本の算数の授業はやめて日本語の授業だけにしたものの。結局この一年も興味がわかなくて足取りが重かった事、教材が日本のお受験用で内容が中学生レベルなので^^;問題なくついては行っているが楽しめてない分あまり身に付いていなさそうな事、等々・・・

 ☆ 小学4年生の教科書とバカンス中に宿題はないので、家庭で購入する定番問題集。音楽とか図工は・・・ないんです^^;☆

日本語の小説や問題に出て来るストーリーに対して(日本のドラマを見ていてもそう)微妙な感情:我慢しながら頑張ってる姿、空気を読む、相手の気持ちを考えて答える。
という、いわゆる日本的な感情の、そこに共感出来ないので、こちらに住む子供達は(いや親でもか)だんだんと日本語の文章読解というのかその感情への理解が難しくなってくる(みたい)

かといって、じゃぁフランス語がよく出来るかというと、フランス人家庭に比べると明らかにボキャブラリー不足で、特に一人っ子の娘は学校以外の場所でのフランス語を話す機会はほぼなく、日本の様に自分でお友達のお家に遊びに行くこともほぼ無い。(私のフランス人家庭との付き合いがそう深くないのも一因かなぁ)
フランス語の理解も説明もボキャブラリーが足らず、拙いものになってきている(らしい^^;)

 ☆ 歴史と地理とアートが一緒になった今年の本はなかなか面白そう♪ けどその分難しかったのかな? ☆

今週、今はもう帰国して日本に住んでいるYちゃん家族がパリにやって来た☆ ママのYちゃんとはヨガ仲間、娘のSちゃんは塾で娘とずっと一緒だったお友達、そしてニコニコ笑顔の可愛い妹ちゃん。

帰国から一年。小学校4年生で帰国したSちゃんにとっては一番いい時期に日本に帰れた。そんな話になった。
まだ十分日本の授業に復帰しやすい時期。
娘のSちゃんも、あの頃一緒に国語の授業を受けていて、お受験用の授業になってから逆に学力テストの成績も落ちちゃったんだよね〜、なんだかね〜^^;なんて話をして。

ほんと、そうなんだよね。いくら難しいのをやってますって言っても、基礎が無くて上っ面の把握になってしまっては意味が無いと思う。

 ☆ 教会文化も大事な歴史のひとつ ☆

でも実は塾の学長先生もその現状はよく理解されてて、テキストを全部やり切らなくてもいいから、いかに子供達にそれをきっかけに話を広げて興味を持たせるかを今後のテーマに考えてもらっていたみたいで。
でないと、ただただ過ぎて行くだけの授業になってしまうから。
特に娘のクラスは真面目過ぎて、静かすぎるらしい^^;
(大人しく、なるべく突っ込まず。そつなく過ごしちゃってるクラスなのね)

日本の子供達が週に3,4回の国語の授業の上に塾に行っているのを考えると、週一の授業だけで身につけるというのは確かに難しい。
とにかく家でももっと本を読んで下さい。それに尽きると。

ぬわっ^^;;;そうですよね。なな、なんとかします!?
私に似て、本よりは常に絵を描いたり、何か作ったりしてる娘ですけどぉ〜
パパに似て、ゲームが大好きでしかも超上手い娘ですけどぉ〜
娘の名誉のために言っておくと、勉強も興味を持てばばどんどんやるタイプ。
なだけに、この一年はモヤモヤしてたんだよね。思春期もあるかな。

 ☆ 今年の文庫本。毎年指定された本を購入します ☆

求めているレベル?(って一体誰の?)

日本では就職活動に結構なお金をかけて証明写真を撮って、面接のための練習をして。よく冗談の様に同じ髪型をしてみな紺のスーツを来たリクルート姿の集団写真がネットにupされたりするけど。

「やりたくないなぁ、おかしいなぁって思っても、それが全員普通になってると、一人だけイケてない写真だとさぁ、おかしいじゃん? だから基本は押さえておかないと!ってなってくるのよ。」
ほんと、おかしな状況なんだけどね^^;とYちゃん。

今や日本の大学では、怒られる練習を授業でしてるって
会社に入って怒られてすぐ辞めてしまう子があまりに多いから。。。

マジか!?
小学校から受験して、やっといい大学入れたら、今度は就職活動して、
やっといい会社入れたって思ったら数ヶ月で辞めちゃう人も多いんだよね!?

 ☆ Yちゃん家族が突然やって来て、娘も嬉しすぎ♡ ☆

田舎出身で、受験戦争にもたいして揉まれず、就職活動もみんながリクルートスーツを着ている中で、一人だけ自分がカッコいいと思うスーツ来て超浮いてた私だけに^^;
(それでも結構成功率良かったの、笑。そんな時代)

みんなおかしいなぁって思いながらも、みんながそれやってるんだよね!? って疑問が湧いて来る。

ほら、おかしいなって思う事があっても、そこは頭下げないといけないってことあるじゃん? 社会に出ると。
って言われると、

分かる。
でもたぶん、だけど。娘が社会に出る頃には、お客様や上司とはそういう関係じゃないフラットな世界がもう広がりつつあるんじゃないかなって思っちゃったりして。
いや、もうすでに、みんなもそうでない関係が成り立つ時代が来る事にうすうす気がつき始めてる様な気がするんだけど。

 ☆ まさかこうしてまた公園で遊べるなんてね ☆

何に腹が立つか?クレームになるのか?の基準が、すでに日本人全体の常識がレベル高過ぎて、それが心地よくてやってる人同士にはいいけど、逆にそれにがんじがらめになって。。。そういう人とそうでない人もいる、こう〜、なんというか自然な感覚で判断するとかじゃ無くなってる気が・・・

フランスが長い日本人を雇って日本の会社で働いてもらうと、
例えその人が日本で生まれ育った人であったとしても、お客様に頭を下げれず、なんならこっちが文句言っちゃいますよって事態になって、思わずその人を引っ込めた。
って話もあるみたい。

笑♪ あるだろうなぁ。

 ☆ 急遽映画にも連れてってもらって、また一緒にみんなで晩ご飯 ☆

いろんな意味で自分も気をつけようと思った。
どっちが正しいとか、どっちが正解とかでなくてね。

中途半端が一番良くないです、とは塾長先生の言葉。

分かる気がする。
けど、
中途半端でなくて、どっちもの良い面を見ていこうかな♪
ザ・美味しいトコ取り♡(←それを中途半端と言う)


さてさて、こんな私のそんな娘はどんな大人に成長するのやら^^;

Yちゃんとは、結局さぁ、色々言っても子供達がそれぞれに幸せでいてくれたらそれでいいんだよね、実は。そんなありきたりな様で深いところに落ち着いた。
とにかく面白楽しくあなたの人生を送って下さいな。
それに尽きるかな。

 ☆ ママ達は地味〜に和食で和洋折衷。お味噌汁はないけど、外食続きには素食が嬉しいかなって。☆

結局、今日の授業(フランス語をお願いしてみた)を終えてみて、すんごく良く分かって楽しかったらしい♪
あれ?私学校の授業の話をちゃんと聞けてなかったのかなぁ?こんなに簡単だったのに、と娘。そうなんだよね。そういう事なんだよね。
国語の先生も塾の方で相性の良さそうな先生にアレンジしてくれました♡
ほんと助かります*^^*ありがとうございます♪

それにしても、もうなかなか会えないだろうなって思ってた突っ込み合える親しい友達がこうして突然訪ねて来てくれて。しかもたまたま、歩いて数分の近所にいたっていうのには笑える。
縁だねYちゃん。また会おう!



A la semaine prochaine
☆MUNEKO☆





pagetop

2016.07.29*Croquis de Paris No.383 ~ 美味しいワインとおしゃべりと 〜 *

毎日の痛い注射の跡が残るんだったらいっそのことハートとかにしちゃおっか?と、母娘で笑いあった初日の注射。
それから6週間。
ようやく長い長いギブスと注射の日々が終わりました*^^*

 ☆ 一週間もすると消えて行くので、ハートが完成することはなかったけど ☆

誰も座っていない車イスを押してひとりで薬局に返しに行くと、
入って来た私を奥からお店の人から嬉しそうに、
「あ〜、やっとギブスが取れたのねぇ♪ もう歩ける様になった?」
と優しく話しかけられました。
そんな言葉にこっちもほっくりする。
長かったような短かった様な。軽くなった車イスがなんだか名残惜しい様な・・・

 ☆ ギブスが外れて足も軽くなりました♪ ☆

一方、ギブスを外した足は痩せてるよ、とかの予想に反してまだ少し足は腫れてる模様。色も白くなってるどころか、少し赤黒かったので若干心配したけど、無事元に戻って来ている様子。
あと一ヶ月半はスポーツ禁止、水泳のみ可だそうで、ただ今よちよち松葉杖なしで歩く練習中。

 ☆ アフリカンな洋服やさん ☆

で♪
そんなギブスを外せたお祝いと、Hちゃん家族が日本から戻って来たというので、Sちゃん家族も呼んでご飯しよう〜☆と言う事で早速マルシェに。

バカンス中のマルシェ。八百屋さんに魚屋さんにお肉屋さんがすっかり減って、洋服やらアクセサリーやら、靴屋さんやら。1ユーロで買える物から作家ものまで、ファッション関連が軒を連ねていました。

 ☆ アクセサリーやさんもわんさかある中で、キッチュなおばさんのこのお店がなかなかいい味出していました。デッドストックかな?たぶん ☆

Sちゃんからはアジアンメニューの提案。
我が家の旦那さんもお休みでお寿司を握ってくれると言う事に。わーい♪

って言ってたら、当日の朝、Sちゃんからのメッセージで息子のKちゃんが発熱;;

どうする?延期する?
でも、Hちゃんに我が娘も「やっぱりおスシ〜食べた〜い♡」と言う事で・・・

 ☆ 早く食べたい!のみんなの声にちょっと焦ったかな。超〜ピンボケ写真^^;;;☆

Sちゃんごめん!笑
いやぁ、美味しかった〜♡
しかもよく喋った〜。よく飲んだ〜。(二人がね♪)

でも、いつも思う。
なんていうのか、素っ裸でぶつかって来る!?くらいの勢いで本気で話して来るHちゃんにこっちはいつも緊張する。
年は10以上離れてるのに、私の方が幼く感じるし、その知識について行ってあげれなくて申し訳ないなって。

 ☆ とにかく食べよう!って、せっかく日本にいたというのに肉ばっかり食べてたというHちゃん家族 ☆

もうね、生半可な意識で返事しちゃうと逆に見透かされそうな本気度にいつも尊敬するし。度を越しすぎて笑ってしまうくらい、めっちゃ可愛い。

朝ここ(台所)でヨガやってるんだぁ。と話をすれば狭いスペースに一緒に構えて食いついて来る。
お願いそんなに食いつかないで、笑。逆に中途半端な自分が恥ずかしくなるから。

 ☆ お土産のバスソルト。有り難く使わせて貰うよ ☆

しまいには、以前に比べれば超〜低い窓から二人で体を乗り出して
あ〜、今度はエッフェル塔が見えるんだぁ♪ とか、
散歩してるワンちゃんがペットボトルをおもちゃに必死に追いかけている様子を見ながら二人でクスクス笑っていたら、飼い主のご夫婦に気付かれて逆にニッコリされたりして。

 ☆ 「金はあるぜよ」笑。もみ麻呂柄って^^ これは飾っとくわ。☆

景色は違っても、やっぱりこうして外を眺める様な空間があるんですねぇ・・・
と、普段ひとりではこんなに堂々と身を乗り出そうとも思っていなかった窓の外は、意外と風が吹いていてこんなに気持ちいいんだぁと、こっちが新鮮だった。

 ☆ ジブリにネイルシールにetc さすが気が利いてる。沢山ありがとう! ☆

子供達は怖いよっ!ってくらいに本気でWiiスポーツで戦っちゃってるし、
(案の定、翌日から超筋肉痛です)
一番おチビちゃんはソファで早くに眠っちゃったし(実は体がしんどかったのかもね。ゴメンね;;)
結局大人達は、日本での失敗談だとか、夫婦ってとか、仕事があーだこーだとか。色々話して気がつけば目つむってるし、笑。

で結局、もう寝なさーい!となって全員ソファベッドで可愛く就寝。
そのまま朝を迎えたという^^

 ☆ 全部頂き物でどれも美味しかったけど、真ん中のコート・ロティbyピエール・ガイヤール、最近ではなかなかの衝撃の美味しさでした。☆

まぁ、なんとも良く笑って遊んだ楽しかった夜でした。

夜窓明けて扇風機もかけっぱなしにしちゃってたから、ちょっと子供達は体が冷えちゃったかな。
昨日作りすぎたご飯を詰めて手みやげに。
これも♡と、夜に着せてもらっていた娘のパジャマをお姉ちゃんが嬉しそうに持っているので思わずそのまま持って帰ってもらいました。可愛いなぁ(去年まで着ていたはずなんだけど明らかに娘にはもう小さかったし^^;)

にしても、シャンパンに赤に白の3本。よく飲んでほんとSちゃんの分までよく食べたなぁ、笑。
また次回。今度は今日本にいるメンバーも一緒に♪




A la semaine prochaine
☆MUNEKO☆




美味しかった『コート・ロティ』
「コート・ロティとは、「火あぶりの斜面」という意味。その名のとおり、温暖な大陸気候の中、東南~南を向いた急斜面の段々畑が広がり、水ハケがよく、優れたブドウが育ちやすい。その反面、機械などを使った大規模な生産には適さない。従って、今も手作業でブドウを栽培している。」

ですって♪ 読んでるだけで美味しそう*^^*(ワインバザールさんより)


pagetop