Designer's Diary デザイナーズダイアリー

パリ通信

2016.12.02*Croquis de Paris No.402 ~ パリ公立中学校の説明会、にスペイン料理にお泊まりに 〜 *

一週間何してたっけ^^

そうそう、シャンゼリゼのマルシェ・ド・ノエルに早めに行ってきました♪
(その様子はまた今度)
飲んで食べて、マトリョーシカやら各国の民芸品なんかを眺めていたら、
娘がこれがどうしても欲しいと言う。

 ☆ ドリームキャッチャーって夢を叶えるもんだと思ってましたが、正確には、この網が悪夢は通さず、良い夢だけを通して見せてくれるという、夢は夢でも、そういう意味でのドリームキャッチャーだったのですね。☆

アメリカインディアンのお守り、ドリームキャッチャー。
お店のお姉さんに Inde アーンドと言われ、あれ?インドだったっけ?
確かカナダとかそっちのほうだった様な・・・
ってボケてたけど、indian アンディアンって(インド人ともいうが、)そうそう「インディアン」だった♪

この間お泊まりに来たMちゃんが同じものをもっているらしい*^^*
本当は同じ真っ白が欲しかったんだけどね。
なかったので紫を選んで結局自分のお小遣いで買いました。

右にある蝶々の羽のピアスは私が。
全然何も買うつもりの無かったのに、ふと欲しくなっちゃって思わず買っちゃいました。

 ☆ もう今年はいらないでしょう?って思って買っていなかったら、クリスマスカレンダーは?と言われて慌てて購入。遅かったので半額でLindtの買えました^^ ☆

そして(また更新が遅くなったので)先週は、私始めての歯医者さん体験☆

たぶん一度数年前に外れて、日本で簡単に留め直してもらった詰め物がポロッ、そしてゴックン。

やっちまったなぁ^^;;;;
と言う事で、急遽周りのみんなに歯医者さん情報を聞き聞き。
結局まわり回って、娘の乳歯がぱっくり割れて抜歯してもらった小児歯医者さんの、大人部門の所にいる女医さんが良いんじゃないかと言う事に。

 ☆ 冬は寒いけど、朝のこんな光りが幸せな気分にしてくれます。☆

いやぁ、結構勇気いりますよね、日本でも歯医者さん選びって。
行ってみたものの、この歯医者さん苦手だなぁって思ってもほら、とりあえずその治療し始めた歯だけでも終わるまでって、ね。

で、今回お邪魔したのはブローニュにある日本語の通訳さんもいる歯医者さん。

なかなか予約って時間がかかるはずが、いいタイミングでキャンセルが出て。通訳の方もその時間帯は立ち会えないと言いながらも、それはそれは詳しく症状を先生に伝えてくれていて、しかも、私の治療ギリギリの時間まで話を聞いてくれて。。。
通訳さんが帰られた後も、アシスタントのお姉さんも先生も超〜親切でした♪

 ☆ マルシェの花屋さんもクリスマスモード(写真ぼけぼけ〜;;) ☆

何よりも院内が清潔なのが良いですね(眺めも最高だったけど)*^^*

久しぶりに出産の事を思い出しましたよ。
そう、ここは患者に痛みを我慢させない無痛分娩の国でした。

おかげで、思っていたよりも元の歯を削らないといけなかったにも関わらず、
何度も麻酔が効いているか、効いていなければまた時間をおいてから触り始めるという丁寧な治療でした。

ちょっとの痛みなら大丈夫そうかなって、私が手を上げそうで上げなかったら、痛いでしょ?待ちましょうって。
これ、日本じゃ逆っぽくないですか?上げたのに、「そうね〜、痛いですね〜あとちょっとですからね〜。」って、そのまま削られそう、笑。

セラミックにもセラミック100%のものと、セラミックとたぶんレジンかな、その混合のものとがあって、
後のタイプも歯の色と一緒ですか?と尋ねたら、もちろん、とのこと。
なので、強度の面から言っても混合の方が強いというのでそちらでお願いしておきました。

っていうか何より、とりあえずの仮詰めですぐに噛める様になったのが嬉しかったです。
帰りには、保険の見積もりの取り方、フランス語の文章作成まで親切丁寧に。

いやぁもう、ありがとうございますっ☆

 ☆ ず〜っと、そのでっかいサラダ菜が気になってる私 ☆

久しぶりにマルシェも行きました♪
すっかり隔週になってしまったので、買い物前の冷蔵庫はすっからかんなのですが・・・

気になる。。。

いつもの八百屋さんに並んでいるのですが、ほうれん草(こちらは葉っぱで売られています)の手前のでっかいサラダ菜っぽいのが
気になる、笑。

ここでサラダ菜を買うと(他の野菜も)、一週間は余裕で長持ちするほどシャッキシャキで新鮮なのですが。

この子がめっちゃ元気で気になる。でもでかい。さすがに冷蔵庫には・・・

 ☆ すっごい綺麗でしょ♪ ☆

・・・買ってしまいました。調理台とほぼ同じ幅、笑。

お店のお兄さんいわく、周りはソテーしても美味しいよ、中はサラダに♪って
へぇ〜、って言っていると、横にいたお客さんからは、中めっちゃ美味しいよ、チコリ(フリゼ)みたいにちくちくしないし♪

こりゃぁ買いでしょ、笑。

無理矢理ほかの野菜は別の場所にどけて、野菜室に仕舞いました。
今夜食べてみる予定。
あ、名前は調べてみたところ、たぶん「スカロール」って言うみたい。

 ☆ 普段歩いていない街を歩くのは新鮮です。娘も結構真剣に道のりを覚えている様子 ☆

そうそう、中学校の説明会も行きました。
始めての日本語の授業がある学校。社会科もあります♪

入試はフランス語と日本語。
元の学校の成績と、子供自身が書いたモチベーションの手紙を日本語とフランス語で。それで着いて行けるかどうか、入学出来るかどうかが判断されます。

 ☆ 夜一番に光るエッフェル塔を間近で眺める事が出来ました ☆

要は、日本語だけが出来てもダメな訳です(当たり前か)
フランスの学校に付属して、日本語セクションが父兄によるアソシエイションで作られて、国の認可を受けたかなり特殊な成り立ちの学校。
日本語の図書館もあって、囲碁やカルタや生け花、着物の着付けクラブまである♪ 一緒に聞いていた娘も、目が輝いていました。

日本語以外にもスポーツや音楽を専門に学ぶ子供達の為に、通常授業をぎゅぎゅっと短い時間で仕上げて、あとは専門分野を学ぶ。そんなシステムも取り入れている中高一貫校。
校長先生も父兄の方も素敵な方達で、すごく説明も分かりやすかったです。

が、頑張れ娘よ〜☆

 ☆ CASA PACO カーサ・パコ。16区のスペインバルです。☆

午後は大急ぎで娘は塾へ。

私はその間にNさん家に預かってもらっていたものを取りに行ったり、アジアンスーパーに買い物をして、いったん家に帰って塾にお迎え、そして帰宅。

ひやぁ〜、歩いた〜、疲れた〜。
もう今日は仕事も何もしたくな〜い。

と結局、またNさんに声をかけてしまいました^^;こらこら

 ☆ 見えにくいけど、牛さんがニョキッっと飾られている、雰囲気もスペインなお店です。☆

で、晩ご飯に誘ってもらったのはここ、
16区のカーサ・パコと言うスペイン料理のお店。
せっかくなのであの蝶の羽のピアスもつけて行く事に♡

オーナーさんがめっちゃサンパ(明るくて親切)なおじさんでした。
日本にお店を出したいというので、是非一緒に組みましょう!ってCkさん、固い握手されちゃってましたよ^^

言葉があちらこちらでスペイン語。
奥さんのYさんがスペインに住んでいた事もあって、店員さんとの会話も楽しい♪

 ☆ 生ハムも最高。ワインもすごく飲みやすかったです。☆

そうそう、N家のSちゃんに、中学校になったら第二外国語何取るの?と聞かれて、スペイン語♪ と娘が答えておりました。一応ね、パパもメキシコ(スペイン語圏)にいた事だしね。
ちなみにSちゃんはドイツ語を選択。イタリア語もお薦めらしい。

羨ましいのう、フランス語ベースで、日本語の授業もあり、第一外国語が英語で、第二がスペイン語。こうして外国の人ってどんどこ何国語も身につけていくんだなぁ。。。(人ごとみたいに^^;)

 ☆ 出来立てのパエリヤを後2分置いておいてね〜と言って、熱々を持って来てくれました。美味しい〜 ☆

美味しいスペインご飯を頂いて、帰りは?N家でyoutubeカラオケ^^
にしても、何でもやり切るCkさん素敵すぎる。翌日ちあきなおみの喝采が私の頭の中を永遠まわってました、笑

今まで読んだ小説の中で一番何が好き?っとキラキラした顔で尋ねられるも。
ぬぁ〜、こういう質問にすっきり答えられない自分が悔しい〜
笑いも全部、Ckさんに着いて行きたい〜

スポーツも音楽もお笑いも(!) 何をやっても、一生懸命で爆笑が耐えないこのお家。私どんだけ癒されにきてるんだって話。


で、結局娘はN家にお泊まりとなりました^^
翌日、娘の作った曲にSちゃんが歌詞を書いてくれたらしい。
どこまでも楽しいねぇ。

帰って来たらまた歌を歌って、ピアノを弾きまくり、そんな日の方があっさり宿題も仕上げちゃうのです。

明日のテストは?
全然大丈夫♪
ほんまかっ!笑。とツッコミつつも、そんな逞しい娘を見ては嬉しくなるのでした。

よく遊び、よく学べ ♪


ほーんと、みんなから沢山のパワー貰ってるなぁ〜私♡
(Kちゃんお兄ちゃんにも会いたいのだ)



A la semaine prochaine
☆MUNEKO☆


pagetop

2016.11.25*Croquis de Paris No.401 ~ フランス人のお友達が初のお泊まりに 〜 *

ひゃ〜、気がつけば11月も終わりですよ奥さん!

またまた遅い更新になりました。
娘が一人で帰れる様になって、習い事も友人と交代で送り迎えをする様になって自分一人の時間が増えたのに、なぜだか逆にどろろろ〜んと効率の悪くなった私です^^;
早くこのペースに慣れなきゃ〜

 ☆ イケアなクリスマス ☆

さてさて、
旦那さんの休みも定期的となり、平日はほぼ顔を合わせられないものの、
ちゃんと家族みんなで休みの日に動ける様になったので、IKEAに行ってきました♪

朝はマイナス温度で、とっても寒くなったので冬のお布団を探しに。
いやぁ、前の家では冬も暖房が効きすぎていて、ず〜っと夏布団でOKでしたから、笑
それにしてもあの、お布団プラスαとして、日本にあるようなざっくり洗いやすくて汚れの目立ちにくいタオルケットとか、ふわふわ毛布とかって売ってないのかなぁ・・・
綺麗なシーツも、ちょっと厚めの冬用カバーでキルティング地のものはあるんだけど、どれも生地がつるっとしていて。ふわふわ系の、お布団に入った時のぬくぬくほわぁ〜♡が味わいたい今日この頃です^^

 ☆ スーププノンペンに、焼きそばに、麻婆豆腐に餃子とネム、アジアン料理が色々選べるお店で便利なの ☆

そうそう、ついでに新しいツリーも買いました♪
娘が生まれて、とりあえず近所のスーパーで買ったツリーもお疲れさまと言う事で。(ってか、なんだかんだ言って10年近く使ったんだね)
いやはや、あっと言う間にクリスマスです。

帰りは中華街に寄って晩ご飯。
その日の料理人さんによって大きく味が違うこのお店。
この日はなんというのか、どれを食べても甘みが利いちゃってて、ちょっぴり残念。でもまたスーププノンペンとか食べたくなったら懲りずにここに来るんだろうなぁ、
近所にアジアンな美味しいお店、誰か作ってくれないかなぁ〜

 ☆ チケット売り場が行列だったので、入って早々清掃の時間になりました。☆

でで、更新が遅れたので先週末の話になっちゃいますが、
首を長〜くして、娘が超楽しみにしていたMちゃんが我が家にお泊まりに来ました♡

待ち合わせは郊外にあるスケートリンク。

夏はプール行きたーい。冬にはスケート行きたーい。と日々言って来る娘。
じゃぁ、Mちゃんを誘って一緒に行こうか♪ と言う事に。

 ☆ ブローニュにある広くて綺麗なスケート場です。ブローニュ市民とそれ意外で金額が違います。で、いくらだったっけ?^^;☆

とか誘っておきながら、プールもスケートもぼちぼちしか出来ないんですけどね^^;でも本人はとっても嬉しそう♡

スケート初めてのMちゃんも、手すりを持ちながらゆっくりゆっくり。

実はMちゃん、ヘルメットもスケート場で借りれるよ〜と伝えていたら、マイヘルメット持参で来ました。
ローラーブレードがあるのでヘルメットを持っていたらしい。
なので、スケートもみるみるうちに上達していきました♪

 ☆ おっ、滑れる様になってきた♪ 日が暮れると照明も暗くしてクラブみたいな雰囲気になります。☆

途中、私が思いっきり若者にぶつかられて、とんでもなく転んで危うく後頭部強打という、なんとも恐ろしい自体もありましたが^^;まま、それはおいといて。。。

徐々に日が暮れて、外とを区切る大きなガラスには自分達が映り込み、さらに暗くなると、照明が落とされて、代わりにカラーライトと音楽ががんがんかかってクラブみたいに。

 ☆ 閉館時間になって照明も普通のライトに。さて、どこにいるでしょうか?^^ ☆

朝、昼過ぎ、夕方、夜の部と、時間帯が区切られるのですが、
入場も遅かったので結局夕方の部の最後まで滑りました。

メトロに乗って、家まで帰って出かける前に用意していた晩ご飯。

 ☆ 頑張れMちゃん ☆

何にしようか迷ったものの、手巻き寿司にしてみました。

実はMちゃんのパパは日本食通。
でも、Mちゃん自身はお店に食べに行った事はなく、いつもお土産のお寿司を食べているそう。

お箸も初めて、ノリも初めて。これなに?どうするの?の連続。
かわいいです*^^*

箸も大変そうだから、スプーン持って来ようか?と言っても、
「いえ、いいです。」
一生懸命頑張るのが、また可愛い。。。

 ☆ 器を持ち上げるのも、器に口を付けてすするっていうのもフランスじゃぁありえないか。☆

お父さんがいつもこう言うそう。
「知ろうとしなければ、知ることは出来ない。」って

えらいなぁ・・・

とまぁ、結局、海苔はちょっと日本人的にも分厚いタイプだったので、
2回目から、海苔なしで食べて良い?
スープのワカメ残して良い?
って素直に言うのがこれまた可愛いかったなぁ。

 ☆ この二人、ほっときゃいくらでも笑って遊んでいられそう。ほーい、もう寝なさーい!笑 ☆

お風呂上がりには、二人で自分の写真を使ったゲームのキャラ作りに爆笑。

終わりがないので、ゲームもそれもほどほどに一緒の部屋で就寝。

いやぁ、それからが長かった^^;
なっかなか寝つかない。笑

お布団が冷たかったかな。
寒がって、下に膝掛けに使ってるふわふわを敷いたり、上にもう一枚カバーを被せたり、本を読まないと寝付けないと言い始めて、明るい方のライトを点けたり、トイレ行って、またトイレ行って、その度に娘も一緒に^^;;;

 ☆ ドゥドゥ(いつも一緒にいるぬいぐるみ)がほぼお揃い ☆

結局寝ついたかな?って静かになったのは11時半頃でした。

ちょっと興奮しすぎたかな。
まぁとりあえず良かった良かった。

Mちゃんの滞在中、私が日本語で話しても、娘はほとんど日本語で話さずフランス語で返して来るので(悲)
私の方が途中で降参(!?)

Mちゃんに話すのも全てを日本語にしちゃいました。
だって疲れたんだもん、笑

何カ国語も話せるパパママを持つMちゃんの事だもん、そのうちMちゃんが日本語話す様になるさぁ〜♪

 ☆ それぞれの雰囲気にそっくりなお人形 ☆

ゲラッゲラで面白おかしい結構なお笑い系の二人ですが、

家に着いて早々、Mちゃんが大事そうにスカーフにくるんで出して来たもの、
それは、前回のノルマンディーの旅で娘がMちゃんとお揃いで買ってプレゼントしたあのお人形でした。

なんて可愛い子なんだ〜!
(今回そればっっかり、笑)

フランス語になると、なぜかキャラが変わって強気で言い返して来る娘の態度がちと気になるが^^;
まぁ今回それはそっとしておこう・・・


そんなこんななドタバタした一週間でした。
やばいっ!もう次の更新が迫ってる。
なのに、今週もまだ色々やる事出来てないっっ

ではまたです☆


A la semaine prochaine
☆MUNEKO☆


pagetop

2016.11.18*Croquis de Paris No.400 ~ バイユー、ノートルダム大聖堂と ノルマンディー上陸作戦 〜 *

前回UPした記事に、
LAPAGEのインスタグラムのフォロワーさんが3,000人を突破しました☆
と書いたら、母から
「インスタグラムって何ですか? とにかくおめでとう」とFAXが届きました。

最近ガラケーを持った可愛い母♪
とにかくありがとう^^


さてさて、日本でもパリでも、すっかり見なくなったボジョレーヌーボー解禁日のPOPですが、今年もぶどう畑を持たれている知人夫婦から深夜にワインが届きました♪

このBEAUJOLAIS-VILLAGES ボジョレー・ヴィラージュは一般的なボジョレーに比べて格が高く、さらに、左のナチュラルのタイプは、ボジョレーのクリュワインのひとつであるブルイリの畑の葡萄が30パーセント入っているもので、ボディーのある(深みや重みのある)タイプに仕上げられているのだそうです。

  ☆ 他にもブルイリ、「パールブラン」と呼ばれる希少なボジョレーブラン(白です)発泡酒のクレマン、色々届きました♪ ☆

じゃぁ、ナチュラルは今度の飲み会に取っておこう!笑
ということで、まずは通常のヴィラージュを開けて二人で乾杯しました♪

美味しいです*^^* いわゆる通常のボジョレーとは違う深み♡
そしてやはり摘みたての初々しさがいいですね。


***
で、先々週の続き♪
(これで最後ですから〜)

小さな広場に面した、どどどーんと結構な大きさのバイユーのノートルダム大聖堂。引きでちゃんと撮れていないのでこんな感じに・・・

 ☆ バイユーのノートルダム教会。注)合成で上下くっつけてみました。☆

・・・勝手に合成してみました(こらこら、笑)

有名な「バイユーのタペストリー」は元々この大聖堂に飾られていたものなのだそうですが。それにしても、シックで素敵なノートルダム*^^*

 ☆ 派手さはないですが、中も繊細で厳かで、いい〜雰囲気です。☆

繊細な装飾と、ゴテゴテしすぎないシュっとした造りのコントラストが綺麗です。あまり日本のガイドでは注目されていない様でもったいない。

街を少し散歩した時にも、「 私、この街好き〜♡」と言いながら歩いていたのですが、

 ☆ 写真では伝わりにくいのが惜しい ☆

第二次世界大戦中、ドイツ軍に占領されていたこのノルマンディー地方は、
あの有名なノルマンディー上陸作戦の舞台となった場所でもあって。

多くの街が大変な被害を受けた中、ここバイユーは、決行日の1944年の6月6日の翌日に、連合軍によってドイツ軍からすぐに開放された為に爆撃を逃れ、戦争の被害をほとんど受けなかった貴重な街なのだそうです。

 ☆ 夏にはライトアップされた大聖堂が見れるそうですよ。☆

だからこの大聖堂も街も昔のまま。
1077年に建てられたノートルダム大聖堂もその後2度の火災を経て、新たな建設とともにノルマンディ・ゴシックの特徴を取り入れながら、13世紀半ばに大部分が完成したのだそう。

 ☆ ね、綺麗でしょ♡ ☆

↑ 見て見て♪♪♪ って言いたくなっちゃうくらい綺麗♡

場所的には少し不便だけど、もしバイユーにタペストリーを見に行かれるのでしたら是非☆
静かで落ち着いた美しい空間に浸る事が出来ます。お薦めです。

 ☆ 左から、アメリカ軍が上陸したユタ・ビーチ、オマハ・ビーチ、イギリス軍が上陸したゴールド・ビーチ、カナダ軍のジュノ・ビーチ、☆

さてさて、お腹が空いた為にたまたま立ち寄ったバイユー。
そのレストランでうまいご飯とうまい具合にバイユー近辺のガイドをゲットしていたので♪

それによると、私たちの目指すあのざっくりな
「ノルマンディー上陸作戦で有名な、海に面した大砲のあることろ」は、
D104号線に乗って、13番のLongues-sur-mer ロング・シュル・メールと言う場所にあるらしい^^

っていうか、ノルマンディー上陸作戦に使われた海岸線って実はこんなに広いのね。当たり前か。

で、行きたかったのはその中のひとつの海岸。

 ☆ 入場料はいりませんでした。広々とした草原に砲台が4基 ☆

バイユーの中心街から車を走らせて、ようやく目的地に到着〜
(ほんと、あのガイドがなかったら、名前も知らないこの場所にはたどり着けてなかったかもね^^;)

 ☆ 子供達が無邪気に遊び回っている風景 ☆

モンサンミッシェルに引き続き、ここもなんだか宮崎駿監督のラピュタのモデルになって出て来そうな風景ですね。
最初のサービスエリアで飛行石もゲットしたことですし、今回は娘のラピュタ熱に連れて来られたのかな・・・笑。


ただただ思いつきでモンサンミッシェルに行こう♪ から始まった旅。

ここもまた、そういえば写真やテレビで見た事はあるけど行った事ないよね。
わざわざ、来る事はなさそうだし。
・・・なんて、歴史の事も全然疎いまま見学して来たわけですが、

 ☆ この大砲がドイツ軍のものだと今頃になって理解しまた。その他の状況も。(書いて良いんだろうかってくらい、知らなきゃまずい話ですね。ほんとごめんなさい)☆

テレビで見た記憶にある画像は、ノルマンディー上陸作戦から70年経った2014年の記念式典で。フランスやドイツ、そして各国の首相がこの日のために厳重な警戒の中、式典のためにパリやノルマンディーを訪れているニュースでした。

それでも何にもちゃんとした事を知ろうとしてなかった自分が恥ずかしい。。。こうして書く事で初めて、ん?っていろんな疑問がやっと湧いて来る。

この地図にはどうして色んな国のマークが着いてるの?
そもそもこの砲台は誰の物?等々

そして今になってその意味を知るのです。

 ☆ 砲台の上からの眺め ☆

元々、戦国時代とか戦争とか、個人的な喧嘩でさえも、
その人たちがどうしてそう感じて、相手を腹立たしく感じてそこまでなってしまうのかという感情を理解する事に少々欠ける私^^;
テレビや映画を見ていても、理解の早い旦那さんと娘が羨ましいです。

遠い記憶だけど、
小学校の頃、宿題で「戦争に行った人に話を聞いて来よう」というのがあって。その時の私は、なんとも無邪気に自分のおじいちゃんに当時の様子を聞いた訳だけど。
そんな私に嫌な顔ひとつせずに当時の事を話してくれたおじいちゃんに、今は感謝しかないです。ほんと、よく話してくれたなぁって。

 ☆ 見張り台には沢山の攻撃された跡が、攻撃する方もされる方も、どっちも怖かっただろうなぁ。☆

そう思うと、宮崎駿監督の映画も、あの監督の事だから色々意味深い事を今に伝えようとしているのでしょうね。

今回の旅も含め、こうして書いてみる事で、知らないなりにも知ることが出来て良かったです。

 ☆ 沿岸ギリギリに大砲を構えていなかったのは、敵は空から来るものと考えていたからでしょうか。まさか海から上がって来るとは思ってもいなかったのかもしれませんね。☆

一昨日、例の飛行石(笑)のネックレスを着けて出かけて行った娘が、へとへとになって学校から帰って来ました。

「風邪引いたかもぉ」

喉はガラガラ。
聞けば、その日の学校のお祭りで、前々から練習していたラピュタの主題歌である「君をのせて」を、幼稚園から高校生の前で、計6回のステージで(!)日本語に少しのフランス語を混ぜて歌って来たそうな、笑
おつかれ〜^^

ついでに翌日は先生のSaint、聖人の日のお祝いのために、お友達と休憩中に密かに練習していたフランス語のアリエッティの歌もクラスで発表したらしい♪

ラピュタもアリエッティも皆に大絶賛されたんですって☆
・・・なんとも頼もしい娘に育ちました。

今お風呂場からLa Vie en Rose ラ・ビィ・アン・ローズ(日本語で『バラ色の人生』)が聞こえて来ます。。。
学生のお姉さんがステージで歌ってたのを聞いて気になったんだそうです。

それ昔ママがパリに来て始めて買ったCDに入ってたやつだよ。たぶん君も知らず知らずのうちに聞いてたはず^^
羨ましいなぁ、リアルにフランス語で歌える君が。


***
おかげ様で気がつけば今回で400回を迎えたパリスケッチです。
(っていうか、毎回こんな記事でよいのかな^^;)


皆様もバラ色も人生を♡



A la semaine prochaine
☆MUNEKO☆



pagetop

2016.11.11*Croquis de Paris No.399 ~ ハロウィンやらスペインやら日々のこと 〜 *

先週のバイユーの続きはまた今度って事で・・・


もう結構前になっちゃいますけど、
ハロウィーン(にしても、えらく前の話^^;)の後に、実家の母から電話がありました。

 ☆ ハロウィンのパーティグッズだと思い、ハロウィンの、まさにその夜に、グッズが入っていると言う箱を買ったら・・・中身はカボチャだったというオチ。「Courageux(頑張りやさん)」の文字だけ見ちゃってたけど、良く見てみたら「Courge(カボチャ)」と書いてあるし^^;(グッズというのは、どうも箱に書かれたお面やらだったみたい) ☆

***

兄家族と隣同士に住む父と母。

ある日、孫である兄のところの2番目の小学生のお姉ちゃんから
ハロウィンパーティへの案内状を一通ずつ貰ったそうで。。。

そこには「500円までのプレゼントを用意して&仮装して来てね♪」の文字がありました。

それでどうしたの?と私が聞くと、

普段は「わしはいかん、お前行って来い。」と言う父が、
その手紙を見て、なんと大人しく仮装してパーティに顔を出してくれたそうな。。。

 ☆ で、手みやげになにも彫っていないカボチャを。ゴメンって、笑 ☆

体の大きな父は、大人しく母に言われる通りに敷布を体に巻いて片方の肩で結んでもらい、頭にはタオルを巻き付け、母も同じく端切れとタオルを巻いて。
二人で隣の家の扉を開けて、
「インドから来ました〜」と♪ 入場したそうな。

もちろん、普段いかつい作業着の爺ちゃんの姿しか見ていない兄家族は大爆笑で。その後も大人しくその格好のまま座って、音楽が流れる中でプレゼントを皆で回して交換したりと、
もはや何のパーティかはさっぱり???だけど(笑)
終始大人しく、楽しく過ごす事が出来たそうだ。

 ☆ 遅くなったけど、こちらも子供達でプチハロウィンして楽しみました。 ☆

いやぁ、ありえへんね。笑^^

後日写真も送られて来たけど、いやぁ、ありえへんね。笑^^

仕事に一途で、ある意味家族思い過ぎて、
独断と偏見で結構家族には迷惑かけてきた爺ちゃんの姿とは思えないほど
若くなってて楽しそうにソファに座る父母の二人の姿でした。

・・・なんとも良いもの見させて頂きました。
ありがとう。参加したかったわ♡

 ☆ Oursinウルザン(うに)を3個お願いしたら「ウルサン」と直され、Bulotブロー(ツブ貝)少し、とお願いしたら「ビュロー」と直され。フランス語が(日本語も、笑)適当すぎる自分が恐ろしいです^^;☆

ちなみに、余談ですが、
このアパートで過ごす初めてのハロウィンの夜。
ピンポーン!と、2人組の仮装した子供達が2組、時間差でやって来たので2回キャンディーをあげたけど、

・・・あれは絶対同一人物だったな。笑

最初の一組はまったく喋らなかったしね^^

また来年も待ってるよ〜♪

 ☆ ツブ貝がうにょうにょ元気でした。ウニの中身ってこんなになってるのね〜 ☆

ところで、ノルマンディーから帰って来てその後、久々に娘とマルシェでお買い物に行きました♪

魚屋さんに行ってみたらカキやらウニやらツブ貝やらが盛りだくさんで
パパがいる事を良い事に、思わず色々買ってしまって。。。

ツブ貝はうにゃうにゃ、めっちゃ動いていて、
ごめーん、と言いながらも、マスタードが無かったので塩と七味で湯がいて。
(本来はマスタードを沢山入れて茹でると良いそうです)

ラングスティーヌ(手長海老)も塩ゆでに。

 ☆ 鯛のお刺身に、ツブ貝、手長海老に、ウニ、の魚介尽くしの晩ご飯♡ ☆

ウニって・・・
ウニって普段食べてるあのまんまの状態でトゲトゲの殻の中に入ってるんじゃないんですね!
殻に綺麗に盛り付けられてるところって見た事あるじゃないですか?
あれって、盛りつけに使う為には、ちゃんと中身を出して、殻は洗って茹でられていて(たぶん)。中の身も色んなごちゃごちゃした中から取り出されて、洗われて、やーっと自分たちの口に入る状態になってたんですね!

昔、海辺で、まわりのトゲトゲが無くなって裸ん坊のカラッカラになったウニでよく遊んだものですが、
実際中を開けて見れたのは初めてでした。
衝撃〜。ほんと、まめに処理してくれた旦那さんに感謝です^^

 ☆ ラングステーィヌも娘の大好物。余ったツブ貝は翌日さっとお醤油で煮て♪ ☆

ノルマンディーを思い出しての魚介類も、ここでは白ご飯と鯛あらのおすましで♪
ん〜、和も良いねぇ♡

鯛のお頭は、縦半分に割ってもらって後日あら炊きにして食べました*^^*

結局ほぼ全部料理を旦那さんにお願いしたわけですが、
これがね、
お料理している旦那さんの姿がいつもより楽しそうで♪
(言わずに眺めてたけど)
もちろん今までも何度もやってもらってるわけだけど。
何でしょうね。この日はこう〜、やってもらって申し訳ない、ではなくてこっちまで楽しさを貰ってる感じ。
そういうのってこっちまで嬉しくなるから不思議。

 ☆ でもって、こちらはスペイン風で。写真ぼけぼけ^^;。イカスミのパエリアに本場の生ハムにアンチョビが絶品! ☆

最近意識している事があって・・・

とにかくこの命で、とにかくやりたい事をやっていこうと。

頭でなく、楽しいと思える事をやっていようと。

しないといけない仕事ではなく、やりたい仕事を。
安いから買うではなく、欲しいから買うを、
食べなきゃいけない物ではなく、食べたい物を、
動かさないといけないんじゃなく、動きたい事を。
会わなきゃでなく、会いたいからを。

そう、超我がままです^^でも素敵でしょ

 ☆ リクエストに答えてトルティーヤ作って行きました。トンカツに柿のサラダも。☆

もちろん、そうも行かないときもあるし、
自分でも本心がわからくなっちゃう事もあるので自分でも困ってしまうけど。
(周りにもご迷惑おかけします^^;)

今まで仕事仕事しちゃってたから、時間があると逆に料理とか作りすぎちゃう事もあるけど。さらに何かで埋めようとするか、ただただ意味なくネットサーフィンしてみたりしちゃうけど。

そんな時に限って、読みたい本を読んだり、だらーんとDVDを見たりはしていないのよね。
まだまだどっかに、やらなきゃ感が染み付いてて、外では遊べても家でゆっくりする事を割り切れないのよね、きっと^^;

 ☆ スーパームーンのちょっと前、スペインな夜にお月様を見る事が出来ました。☆

その人通り?に正直に楽しく生きている人を見ると、だらしなかろうが多少雑だろうが、かえって笑えて来るし、こちらも力が湧いて来るから。

周りには、さすがだなぁって、ぶれないなぁって人たちが一杯で
飲み会の場では全員本音が出過ぎて、毎回爆笑させてもらってる。


最近お気に入りの、星野源さんが出ていた番組で、彼が書いた「働く男」の本の1文が紹介されていた。

 働きたくない。
 昔は違った。働き続ける事が自分のアイデンティティーだった。
 ****
 この本を執筆していた頃、そして校了日までは。

大病をするまで、働く事がアイデンティティーだった星野源さんが得た、ダラダラする事の楽しさ。仕事をしなくても自分でいられる事を見つけた今の自分についても話されていた。

そんな今の星野さんだから、こちらも聞いていてすんなりと入って来るのだろう。

けっこう前にみんなが面白いと薦めてくれた本なのにね。
今頃読みたくなりました。
今度借りに行こうっと^^


あ!LAPAGEのインスタグラムのフォロワーさんが3,000人を突破しました☆
コメント読ませてもらってはみなさんの暖かい言葉に嬉し涙を流す日々です。
こうして長く愛して頂いている事に本当に感謝しています。
ありがとうございます!宗子


A la semaine prochaine
☆MUNEKO☆


pagetop