*Croquis de Paris No.472 ~ フランスのMANGA文化 ~ *

先週の週末。

はっ!と思い立って行って来ました、浦沢直樹さんの展覧会。

 

1浦沢直樹展

 ☆ 右がパリの市役所。リヴォリ通りを挟んで日本で言う所のLOFT的なVHVの目の前にあります。☆

 

「 L’ART DE NAOKI URASAWA / 浦沢直樹のアート展」

パリの市役所のギャラリーにて。

思い立ったのが最終日、混んでそう?

ならばお昼時に行っちゃえ〜と言う事で。

12時頃にお邪魔しました♪

 

2なかなかの人気

 ☆ 原画で読む NAOKI URASAWA。贅沢〜 ☆

 

壁には原画が♪

フランス語に訳されているものは少し混んでいても

日本語はわりと空いているのでゆっくりじっくり堪能する事が出来ました*^^*

 

3ルーブル美術館を舞台にした

 ☆ 浦沢さんの作品は実はよく知らなくて。。。

  左はルーブル美術館とコラボした『夢印』より https://comics.shogakukan.co.jp/news/8733 ☆

 

フランスでも絶大な人気を誇る浦沢直樹さん。

全国からコスプレーヤーや日本のアニメ好きが集まるジャパンエキスポでも

浦沢さんのコーナーは長蛇の列だそうで、

 

とはいうものの、

私的には作品としてはアニメ化されていたYAWARA!くらいしか知らなくて、

浦沢直樹さん自身が進行役を務める、NHKの慢勉という

漫画家さん達をドキュメントで追う番組が大好きで

たまたま貰ったDVDの中に「21世紀少年」が入っていたのが娘もハマったきっかけ。

娘の方はただいまフランス語版プルートウを愛読中〜

 

4今読んでるプルートウ

 ☆ 今読んでる『 プルートウ 』の原画♡  ☆

 

『 PLUTO 』プルートウは、手塚治虫の熱烈なファンである浦沢さんが

『 鉄腕アトム 』に含まれる「史上最大のロボット」の回を原作をリメイクしたものなんだそう。

 

5うーっま

 ☆ なんでこんなにシンプルな線でここまで伝わるものを描けるんだろう ☆

 

ってか、こんなこと言うのも失礼だけど

「うーっま!」笑

 

人の表情、雰囲気、スピード感、アングル、キャラクター

それも沢山の線で書き込まずにシンプルに仕上げて伝わっている事に驚きました^^;

 

6落書きコーナーは満タン

 ☆ 落書きコーナーでずっと書き込んでるお姉さん。熱いです。☆

 

落書きコーナーはさすがに最終日。書き込める隙き間はまったくありませんでした。

けど、そこのお姉さんの入れ込み具合が凄い、笑

 

まぁ、そうこうしているうちに彼女の口からいつものセリフが・・・

「私、漫画家になりたい!」

 

そうだね、笑

歌手で演劇やってて、漫画家で、

趣味で弓道かアーチェリーと社交ダンスやってる人になるんだもんね*^^*

(まだまだ肩書きが長くなって行きそうだけど・・・)応援するよ♪

 

7ご本人のらくだ書きもあり

 ☆ 浦沢さん自身がやって来て書かれた壁の落書きもありましたよ♪ ☆

 

この間漫画を描くのが上手な友達に、どうやって練習したの?

って聞いたらお薦め動画を教わったらしく、

でもその人はグラフィックのソフトを使って描いていた人らしく・・・

私も自分のパソコンで描きたい!欲しいと言い出した。

 

分かる、気持ちは〜分かる。

でも、・・・待って〜;;

 

8あのトモダチがいましたよ

 ☆ 本人はDVDの実写で見ているので、それぞれの登場人物を言い当てて楽しんでいました。☆

 

恥ずかしがりながらも、21世紀少年に出てくる「トモダチ」

のあの有名なキャラクターともパチリ☆

 

9本物!

 ☆ 本物〜!生のスケッチ〜 ☆

 

こっちはスケッチですね。

プルートウと時代が違うせいか、タッチにも差があります。

個人的にはプルートウが好きかな♪

のわりに読んでないし^^;まずこっちで買ったからフランス語だし。

ほんと、フランス語日本語かまわず楽しんで読める娘が羨ましいです。

 

10凄過ぎ!

 ☆ 色んなシートとか駆使して書かれているんだと思うんですけど、いやはや凄いです。☆

 

↑これなんか実物凄過ぎましたよ。

この空気感?迫力あり過ぎ!

どうやったらここまで表現出来るんでしょうね^^;

 

11出口にも可愛い落書き

 ☆ 可愛いワンちゃんが描かれていました。☆

 

出口の壁の足元にもまた嬉しい落書きが♪

SORTIE / 出口って案内してくれていました。

なんだろなぁ〜、この軽快さリズム感。

 

今度、村上隆さんの展覧会もパリであるんですけどね。

娘が早速食いついて、ネットで村上隆さんを検索していました。

こちらも言わば漫画やアニメ的アート

 

12ここに来てしまった

 ☆ で、お昼を食べに向かった先は ☆

 

MANGAが芸術として認められているフランス。

フランスの漫画はボンデシネって言うと思うんですけど、

わざわざMANGAと呼ぶこの特別感。でもわかるわその気持ち。

だってクオリティーが半端ないですからね。

 

学校の図書館でもMANGAが読み放題なので、

子供達は授業が無いときはけっこう漫画を読んでるみたいです。

しかも、フランスって日本のアニメを見て育っている人が多いんですよね*^^*

そのくらい日本の漫画文化が浸透してます。

動画サイトで、キャンディキャンディとかキャプテン翼を

フランス人さんが「懐かしい〜」ってコメントしてますからね、笑

 

13こだわりラーメン

 ☆ 前回と同じ煮干し白湯ラーメンを頼んでから味噌トッピングしたら濃くなったので、次回はシンプルにしようっと。☆

 

さてさて、それほど大きくはない展覧会だったので、見終わったのが13時前。

ママ、Mと一緒に食べに行きたいところがあるんだ〜♪

とメトロに乗って向かったのが先日のこだわりラーメン。

 

が、しかーし!

長蛇の列でした^^;

そう、混んでないお昼時行こうよ♪ と浦沢直樹展に向かったのが12時。

そして食べに向かったのが13時。

フランス的ランチタイムは13時〜14時。しまった〜

 

娘的には、なんでその時間に見に行くの?と思っていたらしいが口に出してくれず、

並んででも食べようと誘う母にブーイングでしたが、

さっきの会場の売り場で買っていたプルートウの新しい巻に助けられたのでした*^^*

 

おかげで無事美味しいラーメンも堪能♡

 

ふと思い立って出かけて、

行って帰って来た楽しいプチツアーになりました♪

 

 

A la semaine prochaine 

☆MUNEKO☆