*Croquis de Paris No.398 ~ サン・マロからバイユーの大聖堂へ 〜 *

こちらパリは朝は2度くらいからお昼でも10度以下なんて日も。
コートも冬の厚めのものに交換。
寒くなって来ました〜

さてさて先週のモンサンミッシェルの続きです♪
旅の写真って枚数があって結構選ぶのも大変ですね^^;

1478431045_054251000

 ☆ 到着時はいい感じの夕暮れだったの、写真に撮るの忘れました。☆

出発当日の朝に、偶然取れたお手頃価格のホテル。
着いてみたら・・・

そこはお気に入りのレストランの真ん前でした、笑

初めてサン・マロを訪れた時に、ホテルのフロントでお薦めと聞いて食べに来て以来すっかり気に入って、その次の回には母も連れてここに食べに来ました。娘も小さかったなぁ*^^*

で、今回も行こうと思っていたら、なんと宿泊先の目と鼻の先☆

1478431045_057399000

 ☆ タルタルもその場でスパイスと調味料を合わせてくれます。私たち夫婦は二人で一尾の天然のヒラメを。こちらもその場でお皿に盛りつけしてくれました。☆

ブラッスリー・ドュ・シロン
「Brasserie du SILLON」 魚介類専門のお店です♪

まぁ、ここでも娘は見事にタルタル(日本で言うユッケ?)を頂く訳ですが
(ちなみに、お昼はサービスエリアでステーキを食べておりました)
前菜に海老や手長海老、蟹、貝類の盛り合わせハーフを注文し、海の幸を堪能した模様^^

残念なのは、旦那さんも娘も生牡蠣は無理で、
牡蠣好きの私も過去に大当たりを二度ほどしてしまったので、盛り合わせは他の種類を多めに変更、天然の牡蠣はグラタンにして頂きました。(めっちゃ惜しいけど^^;ここで動けなくなってしまっては・・・)

夫婦で注文したヒラメが目の前で身をほぐされていくのを見て
「あっ!」と思わず叫ぶ娘が可愛かったです。
そうそう、その外されてしまったヒレのあたりが大好きだし、実は美味しいんだよねぇ
(ザ・日本人。将来は飲んべえになりそう、笑)

1478431045_059228500

 ☆ おーい、どこまで行くの〜! ☆

翌朝。

う〜み〜♡♡♡
波が触りたい娘^^

潮が引いていて、ずーっと遠くまで歩いて行く事が出来ました。

1478431045_060711600

 ☆ こんなに潮が引いてるのも初めてだね ☆

海沿いにあるホテルを出て、道路沿いをサン・マロに向かって歩きます。
でも結構遠かった、笑
車で来ても良かったかも^^;

正面の門からは入らず、再び浜辺に出て、浜側からの入り口を見つけたので城壁サイドから入城♪

1478431045_062296300

 ☆ 左上がサン・マロの市役所。普通の車庫もなんだか素敵に映ります♪ ☆

朝が早いのでお店も開いておらず準備中。
渋い市役所の建物や裏道を抜けて、ホテルのフロントで教えてもらった海に浮かぶ要塞が見える側の城壁の上をお散歩。

すごいなぁと思うのは、第二次世界大戦中、街の8割は破壊されたものの、崩れ落ちた歴史建造物が今あるのは、戦後サン・マロの人々の手によって、石のひとつひとつにナンバリングされ忠実に復元されたものだと言う事。
(この自分達がいる壁は、昔のままなのかな・・・ ?)

1478431045_063934700

 ☆ 海の真ん前にプールも♪ 次は泳げる時に来てみたいね。☆

時間によって、潮が引いてる時には手前のグラン・ベ島と向こうのプチ・ベ島に歩いて渡れるそうです。
「 グラン・ベ島には作家、シャトー・ブリヤンが眠ってるのよ。」
と聞いて、シャトー・ブリヤンがおいしいお肉の名前以外に存在する事を知った私です^^;

確かここに入って来る前に渡っている人を見たけど、
こうしてあっと言う間に潮が満ちて来るので、歩いて渡るにもなかなか注意が必要でしょうね。。。

1478431045_066558000

 ☆ 「ゴエラン」と言われているのを見て、こんな色のカモメさんもいるのだなぁと。goéland argenté ゴエラン アルジョンテ 銀カモメとか、goéland brun ゴエラン ブラン 茶カモメ、と言うみたいですね。全然逃げない強者のカモメちゃん。☆

今度はここがビーチになって、水着を着て楽しめる季節に一度は来てみなくちゃ、ですね*^^*

1478431045_068083400

 ☆ 霧の中の下道をひた走り・・・ ☆

ホテルに戻って車に乗り、一路
「ノルマンディー上陸作戦で有名な、海に面した大砲のあることろ」
を目指します。運転手の旦那さんに刺されそうな超〜ざっくりなイメージ。笑

全く下調べをしないで来たので、出る直前に持って出た地球の歩き方の本に小さく名前が乗っていた、Arromanches-les-Bains アロマンシュ・レ・バン あたりに行けば何とかなるだろうと(こらこら)ナビに名前を入れて・・・

でそのナビが、予想外に下道を選んでくれて・・・
(後に、ナビの設定が到着時間優先ではなく、距離優先になっていた事を知り^^;)

霧の中をひた走り、ひた走り、

1478431045_069585400

 ☆ 思いがけず、バイユーに立ち寄る事に ☆

寄る予定ではなかったバイユーでお昼休憩を取る事に。
つ、疲れた。。。

お昼も遅い時間になったので、駐車場近くの人気がありそうな雰囲気のお店に入ってみるも、2件とも満席。
ちょっと悩んで、オフィスツーリズムがあるサン=ジャン通りを少し歩いてはみたものの、う〜ん^^;

そんな時、「ここは?」とあまり人が入っていないレストランを娘が指差すので、まぁいいかぁと入ってみたら・・・
けっこう美味しいレストランでした、しかも安い。笑
で、いつものごとくその後どんどこお客さんが入って来て^^
旦那さん曰く、今厨房はエラいことになってるやろうなぁ、状態に。

今調べてみたら Le Drakkar ル・ドラッカー(海賊)と言うお店でした。まさにさっきまで、海賊で有名なサン・マロにいたしね♪
(ショップカードも貰ってなかったのに、後からこうしてグーグルマップの写真で改めてお店を確認出来るって、凄い時代になったものです)

1478431045_071161400

 ☆ ここでもでっかいステーキを食べようとする娘には、20ユーロちょっとのサーロイン、フィレ、タルタルや野菜も乗ったお得なプレートを選びました。食べきれないくらいの量。私がオニオンスープにしておいて正解 ☆

王妃マチルダのタピストリーで有名なバイユー。
タピストリーを見に行っていては、とても今日中には帰れなさそうなので、
ノートルダム大聖堂だけも♡ということで少しだけ大聖堂に寄って、それから出発することに♪

1478431045_072680300

 ☆ 小川が流れていて、可愛い街です。一気にお気に入りの街になりました♪ ☆

それにしても、可愛い街です。街を流れるオール川と古い町並みが絵になります。
急ぎ足で写真も撮って、さっき車で来る時に見えたノートルダムに向かいます。

大通りに面した大聖堂の後ろから、側面を眺めながら広場を通り抜けて・・・

1478431045_074498900

 ☆ ノートルダムの周りは小さな広場になっていたので、じっくり周りを眺めながら・・・ ☆

それにしても見事な作り☆
こんな小さな街にパリのノートルダム並みに繊細で美しい大聖堂があるなんて♪

正面の入り口にまわってみると・・・

じゃじゃ〜ん♪

1478431045_076812500

 ☆ 下と合成しようかなぁって思ったけどやめました ☆

出た!引いて撮れないタイプ、笑
正面の広場が小さい!

ま、それも愛おしい♡

1478431045_079561000

 ☆ バイユーのノートルダム。このダイナミックさと繊細さが良いですね♪ ☆

素敵な大聖堂だね*^^*

この続きはまた次回にってことで♪

A la semaine prochaine
☆MUNEKO☆