*Croquis de Paris No.394 ~ ストックホルム市庁舎 〜 *

すっかりパリは寒くなりました。
朝は10度以下なんて日も。
引っ越してセントラルヒーティングがなくなって、こちらに来て以来ほぼ初めての電気ヒーター。ついに先日、あまりの寒さにスイッチ入れちゃいました。
お風呂場も扇風機からタオル乾燥を兼ねたヒーターへスイッチON
噂には聞く電気ヒーターの電気代の高さって。いやぁ、どうなるのでしょうねぇ^^;

1476738700_054674300

 ☆ ストックホルム市庁舎に向かいながらパシャリ。ストックホルムはわりと道幅は広く、歩道が人と自転車道とに分けられています。ちなみにパリでは自転車は車道 ☆

夜になったら窓のシャッターを閉め、寒いのでフリースやニットを着て過ごし、朝起きたら、ベッドから出るのに寒っ!なんて・・・この間の冬の日本を思い出します。
今まで室内が暑過ぎて出番のほぼ無かったセーターもようやく今年から活躍しそうです。

1476738700_057766000

 ☆ 整った窓や柱のアーチが綺麗です。☆

さてさて、こちらは寒かったとはいえさすがに暖房は入っていなかった夏のスウェーデン。
最終日の出発の朝のちょこっとお出かけを。
今日は写真も多めにざっくりと、笑

今回ほとんど使わなかった中央駅を下りて歩く事5分
ストックホルム市庁舎にやって来ました☆

1476738700_059896700

 ☆ 中庭を抜けて外のお庭に向かいます ☆

この日も家族だけでのお出かけ♪

市庁舎は外の庭も綺麗なので、まずは庭に出てストックホルムの街を湖から眺めます。

1476738700_061861000

 ☆ 広ーい川だなぁ♪ なんて思っていたこの頃。それは大きな湖なんだってよっと自分に言いたい ☆

そう、目の前に見えている景色は湖なんですね・・・
スウェーデンで3番目に大きなメーラレン湖、ストックホルム周辺のこの湾はリッダーフィヨルドと呼ばれています。
(フィヨルドって社会で習いましたね〜)

では中を見学しましょうか♪
なんて中に入るとツアーのグループが一杯。

1476738700_063524500

 ☆ 簡単なパンフレットには日本語がありました。娘はフランス語で ☆

時間もあまりないので「あのぉ、ツアーでない見学のチケットお願いします♪」と言うと「いいえ、ガイドツアーしかありません。」との事。しかも日本語は無し^^;フランス語も一日2回のみ、
あららら、と思いつつも英語のツアーに参加する事に。

1476738700_064572400

 ☆ 「ブルーホール」この写真を見て、あ!っと気がついた方は通ですね〜 ☆

ここで質問です♪
1911年から1923年の間にスウェーデンの建築家によって建築されたストックホルム市庁舎。
実は世界的に とっても有名なのですが、いったいそれはどうしてでしょう?

ヒント。今年も日本人が!

答えは・・・

☆ノーベル賞受賞祝賀晩餐会が行われる会場☆ なんです。
(ちなみに授賞式は別のコンサート会場です)

1476738700_066114500

 ☆ 一万本のパイプを使ったスカンジナビア最大のパイプオルガンもありました。☆

すごいですね〜、ここに1300人の人が招かれて晩餐会が開かれます。
(今更ですけど、思わず動画をググっちゃいました。席につく関係もあってか、受賞者の奥様方が自分の旦那様ではない別の男性にエスコートされて階段を下りて来るのを見ていて英語が出来ないプレッシャーに勝手にこちらが緊張しちゃいました。笑)

ものすんごいぎゅうぎゅう詰めのところをウェイターさんがサービスせねばならないらしく、実はかなり大変なんだそうです^^

この部屋の名前はブルーホール。
元々の予定ではこの壁を青色に塗りたいと考えていた建築家さんでしたが、
赤いレンガの美しさに惚れてそのまま残す事にしたそうです。
そして、すでにブルーホールと言う名前が市民に普及していたので、名前の方もそのまま。
なので、赤いブルーホールとなった、らしいです♪

1476738700_067670200

 ☆ いわゆる私たちがイメージする北欧のイメージともまた違った雰囲気が味わえます ☆

もちろん市庁舎ですから、市議会議堂もありましたよ^^
常に開かれた政治を行うため、会議は傍聴席から見ることが出来るようになっています。
天井はバイキングが住むロングハウスの様に、舟をひっくり返した様な形に梁が美しく組まれていました。

1476738700_069245200

 ☆ お姉さんも面白く話をしてくれてるんだけど、やっぱり英語は分からないと疲れて座り込む娘^^; ☆

お次は王子のギャラリーへ、
向かって左にはメーラレン湖とストックホルムの海岸の景色、そして反対側の壁には1790年代の同じメーラレン湖の風景の絵が描かれていました。

そして・・・

1476738700_070773300

 ☆ きらびやかなこの部屋は ☆

こちらがゴールデンホール
ノーベル賞受賞パーティの舞踏会の広間として使われている場所です☆

きらっきら、笑
1800万枚以上のモザイクで構成されているんだそうです。
しかもその一枚一枚が薄いガラスに金箔を挟んだもの。なかなかな作業ですね

1476738700_072282000

 ☆ 賛否両論だったというのも頷ける濃さ ☆

9世紀から1920年代までのスウェーデンの歴史を描いているそうですが、
中央にいるのは「メーラレン湖の女王」その左側にはエッフェル塔のモザイクも♪
にしても、えーっとなんというか、濃い〜デザイン^^;

1476738700_073880600

 ☆ あ〜、お腹空いた〜♪ ☆

結構長いツアーを終えて、最後のご飯はやっぱりビュッフェで〆
市庁舎内のカフェにて95クローネ、安い♪
しかも野菜がいっぱい摂れるので外食が続いてもぜーんぜん辛くならないから嬉しい♪

お腹も一杯になったことだし、でも時間はもう少しあるけどどうする?
ってことであとほんの少しだけ♪

1476738700_075381300

 ☆ 橋を渡ります ☆

今いるクングスホルメン島からまた橋を渡り、リッダーホルメン島へ
この景色はやっぱり美しいね〜♡

1476738700_076863800

 ☆ ここも赤レンガが美しい教会です ☆

リッダーホルム教会に到着☆

街のどこからでも眺められる尖塔をもつ、13世紀半ばにフランシスコ会修道院として建てられたのが始まりの教会。
大聖堂と並んでストックホルムで最も古い教会のひとつだそうです。今見ているこの教会は1846年に再建されたもの。

1476738700_078488100

 ☆ ドクロとか、わりとお墓のイメージに近いのがストックホルムの教会なのかも ☆

ここには歴代国王、王女が眠っているのですが、大聖堂の時と違ってこちらはとっても厳かでした。
静かに手を合わせて、今回の旅にもありがとう。。。

この後忙しくしているKちゃんのお好み焼き屋さんママウルフにも立ち寄って
Kちゃんにもありがとう!!!を言いました。

いやぁ、すっかり長くなっちゃったけど
ただでさえ出無精な我が家、外国を旅するなんてまぁ〜無い事ですから、笑
ちょっと頑張って書いてみました。(気が向いたら、スウェーデンあるあるネタもやりたいけど、笑)

今度行ったらゆっくり美術館やデザインやファッションを楽しみたいなぁと思った、次回の期待大な今回の旅でした。

でももう今頃のストックホルムは超寒いんだろうなぁ〜^^;
次はいつにしよう♡

A la semaine prochaine
☆MUNEKO☆