*Croquis de Paris No.338 ~ Paris デザインウィーク『メゾン・エ・オブジェ』 ~*

9月は新年度スタートの月。
子供の学校の新学年も始まり、今年の習い事もリスタート、
それに加えて日本からの友人知人が続々と。。。
そんな日々も段々と落ち着きを取り戻して、ようやく今年のペースが掴めて行けそうです。

さてさて^^
9月の頭に急遽メゾン・エ・オブジェの招待状を頂き、
Yさんを誘って空港近くの会場まで足を運んできました♪

1442609740_070741500

 ☆ 有田焼は来年400周年を向かえるんですって ☆

バーゼルの会場の様なシックでお洒落な有田焼のブース。
有田焼は来年400周年の記念の年を向かえるそう。

1442609740_079666800

 ☆ カメラを持って行ったのに充電切れの失態でスミマセン ☆

写真ではま〜ったくその美しさと繊細が伝わらないのが残念なのですが、
デザインに遊びを加えながらもそのベースとなる技術が本当に素晴らしかったです。
私も個人的に磁器や陶器が好きなので余計に見入ってしまうのですが、わりと日本でも良いなと思って手に取るのは有田のものだったりするんです。その質感といい、センスといい。すこしずつで良いので自分ちに是非置いておきたくなりますね。。。

1442609740_086519500

 ☆ プレシャスがテーマなので鉱石のオブジェも沢山 ☆

こちらはPR写真でも気になっていたプレシャスというテーマのブース。
日本からも金継ぎの作家さんが来られていて実演をされていましたよ♪

1442609740_094587100

 ☆ 本物の植物に金加工を施した作品の部屋 ☆

ゴールドの葉っぱの部屋
日本の侘び寂びに通じるものを感じます。

1442609741_003681600

 ☆ ず〜っと広がるこんなに大きな会場が確か8つ!?も ☆

会場はとっても広〜いので、ランチを摂ったりカフェをしたりと休憩しながら♪

途中ふとした事から私の近況報告になり、
この半年一年の間の、心の変化や感情の変化ぶりに自分でもびっくりなのですが、それにはYさんも傍目から気がついていた様で、人間こうも変わるんだねぇ^^;と
ちょっとした事で、周りの見え方や信じられない事に周りの環境までもが変わって来る事に驚きなのでした。

1442609741_013892900

 ☆ こちらもヨーロッパの会社ですが、結局立ち止まって見ちゃうのは日本人の作品が多かったりして♪ ☆

でも一番面白くて二人で涙して笑ったのは、
私と結婚出来て良かったねぇ^^なんて旦那さんに対して冗談なりとも威張っていた私ですが(←こらっ)
それがちょうどバカンス前に、「違うわ。結婚してもらえて幸せになったのは私だったわ。」と本人に報告したばかり。
自分が几帳面で正しい。そんな勘違い女の40代の目覚めに、周りは当の昔に気がついていたと。。。恥

1442609741_021438000

 ☆ あのマスキングテープで有名なmtさんのブースで新作も一通り楽しませて頂きました。☆

いや、これももしかしたらまだまだマジックにかかってるだけで、忙しくなったらすっかり忘れちゃって一からかもしんないけどね。まぁその時は許してって事で。笑

1442609741_030003300

 ☆ こんなところでチームラボさんの作品に触れ合えるとは思っていませんでした ☆

話は戻って^^;
お喋りしながら、好きなデザインに触れながら、メーカーさんとお話もさせてもらいながら、楽しい時間はどれだけあっても足りないのですが。
と言うより体力の方が先に尽きそうなので、ファッションや最近注目の作品キッチン用品などをチェックしてぼちぼち帰る事に。

1442609741_036714000

 ☆ 空中にある花々が人の動きに合わせてドームを作る様に空間が広がります。☆

沢山見て回った中で、結局自分達のお気に入りに日本人の作品が多かったのですが、中でも一番素敵だったのは、あのチームラボさんがこのメゾン・エ・オブジェのために作った『 Floating Flower Garden 』というインスタレーションのブースでした。

1442609741_044514300

 ☆ 人が集まればその空間が重なり合いひとつの大きな空間になり、また離れると花で埋め尽くされ・・・☆

日本語タイトルは
〜花と我と同根、庭と我と一体〜

〈プレスリリースより〉

人の動きに合わせて浮遊する生きた花々が、空間に埋め尽くされた庭園。

鑑賞者が、花が埋め尽くされている空間に近づくと、鑑賞者の近くに浮遊している草花は、一斉に上がっていき、鑑賞者中心に半球状の空間が生まれる。つまり、空間は花に埋め尽くされているが、常に鑑賞者中心に半球上の空間が出現し続けるため、鑑賞者が自由に動き回ることができる。複数の鑑賞者が互いに近づくと、ドーム空間はつながり、一つの空間になる。

鑑賞者が、花の中に埋没し、庭と一体化する庭園。
2160本以上の花々は、空間に浮遊しながら咲き渡っている。草花は生きており、日々成長している。

続きは・・・
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000227.000007339.html

1442609741_053497000

 ☆ 特別に出口から入れてもらった小さな子供さんがめちゃ可愛かった ☆

同じひとつのものから分裂して植物や今の沢山の人が出来ているのでしょうし
見えないドームを私たちも持っているのかもしれないですしね

重なり合う円が相手を刺激もしたり暖めたり笑わせたり強くもしたり。
それも重なってみないことには自分では自分のドームは見えないですから

しかもその相手は元々自分とひとつだったのだとしたら

反省もしつつ楽しみつつ、日々草花の様に成長してい・・・
てもいなくても、まぁ良いか。笑

日本も世界もフランスも とりあえずは良き週末を☆

A la semaine prochaine ♪
☆MUNEKO☆