*** パ リ 通 信 No.63 ***

*Croquis de Paris*
☆ パレ・ロワイヤル ☆

皆様こんにちは♪
今年は日本の梅雨の様に時折通り雨に濡れるパリです。
お元気ですか?

6月と言えばジューンブライドの月ですね☆
私と言えば、今月がこちらの学校の年度末の月に当たるので
朝食会やらピクニックの引率、年末の学園際のお手伝いにと
想像するだけでちょっぴり冷や汗ものの(^^;)6月になりそうな予感です。

さて、今日お伝えするのは私がだ〜い好きな場所。
『パレ・ロワイヤル』です。

Exif_JPEG_PICTURE

 ☆パレロワイヤルの中庭へGO!☆

 

建物で囲まれて一見すると大通りからはまったく見えないのですが
中庭が面白くて気に入っています。
回廊をくぐり抜けて中に入ってみると・・・

Exif_JPEG_PICTURE

 ☆ Palais Royal パレ・ロワイヤル ☆

 

こんな感じ♪
近代芸術と古い建物のなんとも言えないミスマッチ感(!?)が楽しくないですか?

もともとルイ13世の時代に建てられ、その後14世の弟オルレアン公の
住まいとなったことから名付けられた「パレ・ロワイヤル=王宮」の名。
新しく建て直した時に、この庭園をぐるりと囲む形がとられたそうです。

4c11fc9235ec6

 ☆ パレロワイヤルをパノラマで見てみましょう ☆

 

子供も、大人も思わず大はしゃぎしちゃいます☆
ここに建てられているダニエル・ビュランさんの白と黒の縞模様の柱は
なんと260本もあるそうですよ!
個人的には大好きですが、建てられた当時の評価はどうだったのでしょうね。

さて、この中庭は二つに仕切られているのでもうひとつの中庭に移動。。。
こちらも素敵なんです〜

Exif_JPEG_PICTURE

 ☆ ずら〜っと続く並木道 ☆

 

先ほどのアスファルトのお庭とは逆に自然〜に囲まれた癒しの庭園です。
ちょうど並木道が深い緑に生い茂っていて、ほんの少し空いた空から
木洩れる光がとっても綺麗でした☆

Exif_JPEG_PICTURE

 ☆ 骨董品やギャラリー色んなショップを眺めるのも楽しいですよ ☆

 

18世紀には警察の出入りを禁止していたのもあって、
人々が集まり政治議論の中心の場になっていたそうですよ。
フランス革命もここで準備されたという説も。

そんな歴史的な場所で遊んでいると思うといつも不思議な気分になります。

Exif_JPEG_PICTURE

 ☆ 雨上がりに見つけた美しい薔薇 ☆

 

ところで、直ぐ向かいはルーブル美術館の入り口です。
回廊には骨董品やモードなブティックにカフェも充実していて
中庭ではお花や噴水、小さい子供を遊ばせる場所もあるので、
ルーブルに行かれて人混みに疲れたなって思ったら
こちらで一息入れるっていうのもお勧めです。

そんな時には是非是非どこまで高い柱に上れるか。お試し下さいね♪
(余計に疲れる?)

ではまた来週〜
☆ A la semaine prochaine☆
MUNEKO