*Croquis de Paris* no.40* ☆BONNE ANNEE! 2010☆

今日はお休みしようかな・・・と思いながら、
☆40回目☆のパリスケッチはやっぱり元旦に書くのがなんだか幸せ♪
と言うことで、皆様。

☆明けましておめでとうございます〜☆

さてさて、皆様にとって、2009年はどのような年でしたか?

文字を読むのも書くのも覚えるのも(^^;)苦手な私にとって、
2009年は知人から本を薦めて頂いたり、
友達から言葉のプレゼントを貰ったり、
心やイメージを文字や言葉に出来るってやっぱり素敵だなぁ、
とあらためて思った年でした。

今日、2010年の元旦は、その中から心に残った
そしてずっと忘れないでいたいと思う、
そんなエッセイをここに書きとめておきたいと思います。

『司馬遼太郎が考えたこと』山村雄一先生とその人脈、より
***************************************************************************

「高貴な少年」

  大きな魂というのは、その内側に少年を飼っているかいないか、
ということだと私は考えている。物事に不審を感ずる心、芸術への感動、
星空の下にいるというだけで心が水色に溶けてゆくような衝動、
気高さをもった異性や同性を見たときに、その気高さを小さな宝石のように
結晶させて自分の心臓にピンのように篏入(かんにゅう)してみたいと思う気持ち、
不条理を戦闘的に不条理と思える心、巨大な仮説が日常茶飯事にうかんでくる
知的なダイナミズム、そして珍妙な人間が目の前にきたとき、すぐさま童話の世界
にその人物を組み入れてしまう無制限な自由、さらには悪に対し、
たとえ古箒(ふるぼうき)の柄でも持って戦いにゆくけなげさ、
リアクションに対する無配慮さとりりしさ。
……ざっといえば少年とはそうしたものである。
一つ忘れた。物事に無心に凝る心である。
***************************************************************************

もう一つは、友人からのプレゼントより☆

この詩は1992年のX’mas eve、
オードリーヘップバーンが 愛息子SeanとLucaに読んであげたそうです。
***************************************************************************

魅力的な唇のためには、
        優しい言葉を紡ぐこと
愛らしい瞳のためには、
       人々の素晴らしさを見つけること
スリムな体のためには、
       飢えた人々と食べものを分かちあうこと
豊かな髪のためには、
       一日に一度、子供の指で梳いてもらうこと
美しい身のこなしのためには、
       決してひとりで歩むことがないと知ること
 
人は物よりもはるかに多く回復し、
         復活し、生きかえり、再生し、
   報われることが必要なのです、
          くり返し、くり返し報われることが・・・

年をとると、人は、自分に二つの手があることに、気がつきます

自分自身を助ける手、
        もう一つは、他者を助けるための手だと
***************************************************************************

私もとても心打たれました。

そして、まだまだ言葉にするのが苦手な私からは☆

愛する皆様へ、

4b3d8bdba1317
BONNE ANNEE! 2010 / by MUNEKO

 

『あけましておめでとうございます』

昨年はお世話になりました。
今年も皆様にとって幸せな年でありますように・・・♪

☆BONNE & HEUREUSE ANNEE! 2010 ☆

MUNEKO