*Croquis de Paris* no.21*☆小旅行 part.2〜アヴィニョン〜☆

MUNEKOです。

パリの暑さはお盆を越えてマックスに!
昨日は36度の猛暑でした。暑〜い。

それにしても
シャモニーにレマン湖の景色、涼しげで素敵でしたね♪
まさかそんな近くにいたなんて!(といってもまだまだ遠いのですが)
ちょっと感動しちゃった私です。

ジュネーブの大きな椅子
昔聞いた、祖父が戦争に出た現地での話を
お盆ということもあって思い出しました。
戦争と平和について本当に考えさせられますね。

さてさて、今週は小旅行 part.2〜☆
今回の滞在先でもあった城壁で囲まれた街、
「アヴィニョン」の街のことを☆

Exif_JPEG_PICTURE

☆街はすべて城壁で囲まれています☆

 

アヴィニョンと言えば?
ご存じでしょうか?『アヴィニョンの橋の上で』という歌を。
その橋がここ、サン・ベネゼ橋(通称アヴィニョン橋)です。

Exif_JPEG_PICTURE

☆4本のアーチを残すのみですが、美しい姿を今に伝えています☆

 

私が記憶しているのは「橋の上で 踊るよ 踊るよ〜」というタイプですが、
「アヴィニョンの橋で 踊るよ 踊るよ〜」と言う日本語の歌詞のほうが
フランス語の歌に近いですね。

Exif_JPEG_PICTURE

☆風に吹かれながら見るローヌ川の眺め☆

  

争いに巻き込まれ、破壊されながらも礼拝堂を残してまた
市民の手によって再建、そして今度はローヌ川の氾濫によって流され
今の形になったそうです。

Exif_JPEG_PICTURE

☆今も残る礼拝堂☆

 

そしてこのアヴィニョン橋の橋の向こうにそびえ立つのは、
こちらも橋と並んで世界遺産の『教皇宮殿』です☆

 

Exif_JPEG_PICTURE

☆夕日に映える教皇宮殿☆

 

こちらも革命派の破壊や略奪をうけて
なんと中身は本当に何にも残されていない状態でした。

Exif_JPEG_PICTURE

☆中庭からの眺め☆

 

窓のステンドグラスも、礼拝堂の中までも
ほとんどのものがすべて跡形もない・・・

そんな中でたくさんの国からやってきた人々が
その国の言葉で説明されるガイドに耳を傾けながら
一生懸命当時の様子を振り返る。

私達もその中のひと組。

Exif_JPEG_PICTURE

☆礼拝堂の窓から差し込む光☆

 

歴史にとんと弱い私。
でも煌びやかな調度品も壁の装飾も何もないその部屋は
果てしなく遠い昔から続く争いに
平和への祈りの意味も込められているようで
深く心に響くものでした。。。

さ〜て、来週のパリスケッチは?(これで最後♪)
ゴッホを訪ねてアルルの街をお送り致しますっ。